サインツ 「メルセデスF1に乗っても大多数はハミルトンに勝てない」
カルロス・サインツは、メルセデスのF1マシンに乗ればF1ドライバーの90%が勝てるというマックス・フェルスタッペンの主張には同意するが、同じマシンに乗ったとしてもルイス・ハミルトンを倒せるドライバーはほとんどいないと主張する。

今シーズン初め、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、圧倒的な強さのメルセデスのF1マシンに乗れば、ほとんどのドライバーが勝利を手にすると語った。

「彼らが成し遂げたことには多くの敬意を払っている」と当時のマックス・フェルスタッペンは言った。

「メルセデスのF1マシンにルイスが乗っていることに不満はない」

「正直なところ、フィールドの90%があのマシンの乗れば勝つことができるだろう。ルイスには何の反感も持っていない。彼は素晴らしいドライバーだ。でも、マシンはとても支配的だ」

カルロス・サインツは、トロロッソ時代の元チームメイトの見解に同意しつつも、そこに重要な警告を付け加えた。

「メルセデスに乗れば90%が勝てるというマックスの意見に同意する」とカルロス・サインツは Motorsport-Total に語った。

「でも、フィールドの半分がメルセデスに乗ってハミルトンと対峙した場合、90%は彼を倒すことはできないだろう」

「しかし、ハミルトンを競争から外せば、現在のフィールドの誰もがおそらくメルセデスで勝つことができるだろう」

「それは今日のF1で何が起こっているかを非常によく説明していると思う。ハミルトンは最高のマシンに乗っていたとしても、最高のドライバーだということもね」

カルロス・サインツは、7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンは、ライバルよりも優位に立つことができるクオリティとスキルセットを有していると語る。

「ハミルトンがプレッシャーがかかった状態でどのように結果を出しているかを非常に注意深く見ている」とカルロス・サインツは付け加えた。

「ボッタスに対してわずかなリードだったとしても、彼がQ3ですべてのセクターをいかにうまく攻略し、いかにしてポールポジションを獲得しているかをね」

「オーストリアでは、彼は雨の中でボッタスを2秒半上回った。彼は誰もができるわけではないことをすることができる。でも、さらに多くの詳細を得るには彼のチームメイトである必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / ルイス・ハミルトン / メルセデス