カルロス・サインツ、予選での問題はイグニッション配線 / F1ブラジルGP
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ブラジルGPの予選でイグニッション配線の問題によってパワーを失ってタイムを記録することができず、決勝を最後尾グリッドからスタートする。

カルロス・サインツは、予選Q1の序盤に減速してピットに戻り、ガレージで作業を続けたもののセッション終了までに間に合わず、タップタイムを記録できないままで終了。最後尾からスタートすることになった。

ルノーは、セッション終了後に原因を調査しているが、カルロス・サインツに新しいコンポーネントが必要になるかどうかはまだ決定されていない。

カルロス・サインツにはマイレージを重ねた“金曜日用”のエンジンがあるが、最後尾スタートのため新しいパワーユニットを使用しても追加のペナルティを科せられることはない。

また、マクラーレンにはオーバーテイクを容易にするためにマシンのセッティングを変更するなどの選択肢もあり、その場合はピットレーンからのスタートとなる。

マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「現時点ではまだオープンだ」とコメント。

「まだ何をしたいのか、結果が何であったかを把握する必要がある。すでに最初の分析も行われており、イグニッションの配線システムが故障し、それがカルロスが感じたパワーロスを引き起こしていた。我々にフィックスできることではなかった」

カルロス・サインツは、後方から順位を上げるにはタイヤマネジメントが最大の問題になると認める。

「マキシマムアタックで行くつもりだ。もちろん、マキシマムアタックは必ずしもピレリのタイヤに良くはない。したがって、タイヤマネジメントとマキシマムアタックの間での妥協になるだろう。それを実行するのはとても難しいだろうけど、常に何らかの方法を見つけなければならない」

チームメイトのランド・ノリスは、クリーンなセッションではあったものの11番手で予選を終えており、最近のレースとしてマクラーレンはインテルラゴスでパフォーマンスを落としている。

「今年、いくつかのトラックであまり強くない特定の種類のコーナーがあるという傾向を見てきました」とカルロス・サインツは説明する。

「おそらくこのトラックにはそのようなタイプのコーナーがたくさんある。そのため、トラックごとに相対的が低下す

「トラックごとに相対的なパフォーマンスが低下しているのはそれが理由だ。だからといってポイントに到達できないという意味はない」

「例えば、僕たちが好調だったオーストリアよりも厳しいものになるかどうかくらいだ。でも、それができないというわけではない。よりうまく必要があるというだけだ」

関連:F1ブラジルGP 予選 | マックス・フェルスタッペンが自身2度目のPP獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン