F1ブラジルGP 予選
2019年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPの予選が11月16日(土)にサンパウロののインテルラゴス・サーキットで行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが自身2度目となるポールポジションを獲得した。

F1ブラジルGPが行われるのは「アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ」、通称インテルラゴス・サーキットは、反時計回りのコースであり、長く緩やかな曲線とタイトなコーナーが連続する部分で構成されている。

残り2戦でドライバーズ選手権はルイス・ハミルトン、コンストラクターズ選手権はメルセデスとすでに両方のタイトルが獲得しているが、ドライバーズ選手権3を賭けた争いやコンストラクターズ選手権のミッドフィールドバトルは接戦が続いている。

現地時間15時のインテルラゴス・サーキットはドライコンディション。気温21.3度、路面温度35.5度で1予選セッションはスタートしたピレリは、インテルラゴスにC1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)という最も硬いコンパンドが選択している。

ポールポジションを獲得したのはマックス・フェルスタッペン。予選の全セッションをトップで通過し、Q3では1分07秒508を記録してトップタイムをマーク。F1メキシコGPではトップタイムを記録しつつもペナルティによって降格していたフェルスタッペンにとって、今回は正真正銘の自身2回目のポールポジションとなった。

2番手には0.123秒差でフェラーリのセバスチャン・ベッテル、3番手には0.191秒差でメルセデスのルイス・ハミルトンが続いた。4番手のシャルル・ルクレールはエンジン交換によって10グリッド降格が決定している。ルクレールはQ2をミディアムタイヤで突破しており、決勝は14番グリッド(暫定)からミディアムでのスタートとなる。

5番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)、6番手にはトップから0.427秒差でアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が続いた。

ベスト・オブ・ザ・レストの7番手にはピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が続き、ホンダのF1エンジン勢は3台がトップ3入り。高地にあるインテルラゴスで戦えるF1エンジンであることを示した。

F1ブラジルGPの決勝は11月17日(日)の26時10分(現地時間 14時10分)からフォーメーションラップが開始される。

2019年 第20戦 F1ブラジルGP 予選 結果・タイム

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
133マックス・フェルスタッペンレッドブル1分08秒2421分07秒5031分07秒508
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分08秒5561分08秒0501分07秒631
344ルイス・ハミルトンメルセデス1分08秒6141分08秒0881分07秒699
416シャルル・ルクレールフェラーリ1分08秒4961分07秒8881分07秒728
577バルテリ・ボッタスメルセデス1分08秒5451分08秒2321分07秒874
623アレクサンダー・アルボンレッドブル1分08秒5031分08秒1171分07秒935
710ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分08秒9091分08秒7701分08秒837
88ロマン・グロージャンハース1分09秒1971分08秒7051分08秒854
97キミ・ライコネンアルファロメオ1分09秒2761分08秒8581分08秒984
1020ケビン・マグヌッセンハース1分08秒8751分08秒8031分09秒037
114ランド・ノリスマクラーレン1分08秒8911分08秒868 
123ダニエル・リカルドルノー1分09秒0861分08秒903 
1399アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分09秒1751分08秒919 
1427ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分09秒0501分08秒921 
1511セルジオ・ペレスレーシングポイント1分09秒2881分09秒035 
1626ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分09秒320  
1718ランス・ストロールレーシングポイント1分09秒536  
1863ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分10秒126  
1988ロバート・クビサウィリアムズ1分19秒614  
2055カルロス・サインツマクラーレン   


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1ブラジルGP