F1 カルロス・サインツ マクラーレン
カルロス・サインツは、2019年にマクラーレンが競争力を取り戻すことができると自信をみせている。

今シーズン限りでF1を引退するフェルナンド・アロンソのマネージャーを務めるフラビオ・ブリアトーレは、かつての偉大な英国チームであるマクラーレンのマシンは“何年にもわたって悲劇的”だったと語っている。

しかし、来年、フェルナンド・アロンソに代わってマクラーレンに加入するカルロス・サインツは、2019年にチームは状況を変えることができると自信をみせている。

「彼らは今、宿題をやっているところだと思う」とカルロス・サインツは Cadena Ser にコメント。

「彼らは今年底を打ったと思うし、良くなっていくだけだ。彼らはゼロからスタートしているし、それは僕に自信を与えてくれる。彼らは問題を見極めているし、それらを止めたいと思っている」

カルロス・サインツは、今年のマクラーレンが徐々に後退しているのは、2019年に集中しているためだと考えている。

「そう願っている。今年のマクラーレンのクルマとチームはもう今年を戦っていないと思うし、来年に賭けており、今年が学習の一年であることを願っている」

「来シーズンはレギュレッションが変わるし、ゼロからスタートして必要なレベルに到達するチャンスだ」

「今の僕のクルマは悪くないし、マクラーレンはコンマ0.3秒くらいの差がある。でも、グリッドの残りとのギャップは大きいし、さらに悪く見える」


「アロンソが後方にいるのを見るのは奇妙だけど、グリッドの半分はかなりタイトだし、コンマ3秒くらいが大きな差になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー | マクラーレン