F1 カルロス・サインツ ルノーF1 カナダグランプリ
ルノーのカルロス・サインツが、2018年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPへの意気込み、舞台となるジル・ヴィルヌーブ・サーキットについて語った。

モントリオールのどのようなところが好きですか?
モントリオールはグランプリカレンダーのなかでも訪れるのが好きな都市のひとつだ。美味しいレストランがたくさんある。特にステーキハウスは素晴らしい。本当に楽しんでいるよ! カナダのパドックの入り口は独特だ。湖に浮いた橋の上を歩かなければならない。クールなレース週末だよ!

サーキットは走っていてどのような感じですか?
難しいサーキットであるのは確かだ。ストリートと常設サーキットがミックスされていて、ある意味メルボルンとかなり似ている。通常、週末の序盤はサーキットは葉っぱで汚れているし、野生動物さえいるので、スピードを上げていくのはちょっとチャレンジングだ。ターン4~7はかなり好きなセクションだ。ウォールが近くて、正しくまとめるにはリズムを見つけなければならないし、縁石にも乗る必要がある。最後に忘れてはいけないのが最終シケインのウォール・オブ・チャンピオンズだ。カレンダーで伝説のコーナーだよね。

4戦連続でポイントフィニッシュしていますね。
過去数戦では競争力があったと思うし、ポイントを獲れたことはポジティブに考えている。ポイントを獲り続けることが重要だ。今後はこの一貫性を構築して、トップ10内のより高い位置にいることが重要だ。カナダでもこのポジティブな歩みを続けていきたい。

関連:2018年 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー | F1カナダGP