ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、“大変な仕事”だとは思うが、将来的にF1のチーム代表になる可能性を除外していない。

現在、ジェンソン・バトンは、F1デビューを果たしたチームであるウィリアムズF1チームでシニアアドバイザーを務め、チームアンバサダーでありながらチームのアカデミードライバーを指導し、シーズンを通してSky Sportsの解説者の仕事をしている。

JBXEエクストリームEチームを所有するジェンソン・バトンは、まだもっとやりたいことがあるため、F1でそのような役割を担う準備はまだできていないが、チームを運営するという考えを受け入れるだろうと語る。

「チームプリンシパル?大変な仕事だと思う」と2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・ボタンはウィリアムズF1チームの動画『Ask Me Anything』で語った。

「他のチームプリンシパルと多くの議論があるけど、将来どうなるか誰にも分からないよね」

「今は若すぎると感じている。やりたいことが他にもたくさんある。でも、いつかはそうするかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ