ジェンソン・バトン 「ラッセルのQ3は人生で見たなかで最高のラップ」 / F1ベルギーGP
元F1ワールドチャンピオンでウィリアムズの特別顧問を務めるジェンソン・バトンは、F1ベルギーGPの予選で2番グリッドを獲得したジョージ・ラッセルのパフォーマンスに最高の賞賛を送った。

ジョージ・ラッセルは、雨でレースをすることなく終了したF1ベルギーGPで初表彰台となる2位を獲得したが、それは土曜日のシュートアウトでの傑出したパフォーマンスが導いたものだった。

そして、ジェンソン・バトンは、間違いなくジョージ・ラッセルの素晴らしい愛好家だ。

「ラップの直後にジェンソンからテキストメッセージが届いた。ジェンソンは 『僕の人生で今まで見た中で最高のラップの1つだった』と書いていた」とウィリアムズF1のチーム代表のヨースト・カピトは明かした。

「それが要約している! 彼がラップを終えた直後にそういったメッセージがジェンソンから来るというこがそれを要約している。彼は自分が話していることを知っている・・・ジョージの本当にに素晴らしいパフォーマンスだった」

ジョージ・ラッセルの予選での驚異は、ウエットのオー・ルージュを全開で走行したを含み、ルイス・ハミルトンより0.013秒、そして、来シーズンに交代が噂されるバルテリボッタスよりも2.416秒速かった」

ジェージ・ラッセルが予選でメルセデスのドライバーを倒したこと踏まえ、ヨーストカピトは、ウィリアムズが来シーズンにラッセルをキープしたいという誘惑されることはないかと冗談交じりに質問された。

「それは難しい質問だね。彼にそれについて尋ねるべきだ!」とウィリアムズのボスは笑いながら語った。

「今年は本当に素晴らしい瞬間がいくつかあったと思う・・彼が予選後の記者会見に行くとき、『ジョージ、これらの瞬間を誰も君と私からこの瞬間を奪うことはない。永遠に我々の心のなかにあるだろう』と伝えた」

「彼はメルセデスのシートに獲得するに値する。我々が来年にチャンピオンシップに勝つ立場にはないのは確かだ」

「彼は我々と一緒にシーズンを楽しんでいると思う。メルセデスからのオファーがないならば・・・彼は我々といることに満足するのは確かだろう。我々はチームとしてとてもうまく結びついているからね」

「我々はお互いに素晴らしい信頼を寄せており、お互いを信じていると思う。それが結果によって現れている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ / F1ベルギーGP