ジェンソン・バトン 「なぜベッテルは順位を返す必要があった?」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、F1ロシアGPでのフェラーリの戦略を批判。チームはレースへのアプローチを“考えすぎ”だと感じていると語る。

フェラーリは、スタートで3番グリッドのセバスチャン・ベッテルにポールスタートのセバスチャン・ベッテルのスリップストリームを使わせることで、ルイス・ハミルトンを退けて1-2体制に持ち込むという戦略を立てた。

実際にその作戦は成功して、ベッテル-ルクレールの1-2体制でレースは進行。ただ、フェラーリはリードをルクレールに戻すことを考えており、チーム無線で一連の騒動に発展。ベッテルはルクレールを抜かせるためにスピードを落とすことを拒否した。

最終的にセバスチャン・ベッテルはMGU-Kの故障によってリタイアするととなったが、ジェンソン・バトンはそもそもフェラーリなぜそのような取り決めをしたのか理解できないと語る。

「セバスチャンが順位を返さなければならなかったことは非常に奇妙だと思う。個人的にフェラーリは考えすぎだと思う。ベッテルは素晴らしいトウを得たが、通常でもそこにあるものだ」

「そもそもなぜ彼らがそんな取り決めをしていたのか理解できない。そうしていればセバスチャンの成功成績は2位だった」

「とても奇妙な取り決めだ。彼は右に進み続けていたし、ルイスを助けるつもりなどなかった。彼らはこう取り決めをしておくべきだった。レースをリードし、左に固執して、スタートでベッテルを助ける」

「そして、彼が抜けるなら抜き、そして、フェラーリが勝つ。とにかく非常に奇妙な状況だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / F1ロシアGP