ジェンソン・バトン ビリー・モンガー
ジェンソン・バトンは、イギリスF4のレース中のクラッシュ両足を切断したビリー・モンガー(17歳)に15000ポンド(約210万円)を寄付した。

事故後、ビリー・モンガーが所属する所属チームのJHR Developmentsは、モンガーと彼の家族のために寄付サイト『JustGiving』で寄付を募っている。

この非劇的な事故を受け、F1ドライバーを含めたモータースポーツ各界から寄付をするよう支援の声があがった。

ジェンソン・バトンは「みんな、仲間のレーサー、ビリー・モンガーがこの週末のドニントンで大きな事故に遭った。悲しいことにビリーは両足を切断した。僕たちの助けが必要だし、できるなら寄付をお願いしたい。僕はこの男を支援するために出来る限りのことをやるつもりだ。寄付は、ビリーのこの先のためのケア、処置、治療など、彼が完全にアクティブな生活に戻るために助けるために用いられる」として寄付ページへのリンクを共有している。

ビリー・モンガーの所属チームJHR Developmentsのチーム代表スティーブン・ハンターは「ジェンソンは、最初に直接電話してきてくれた。ジェンソンの寄付とサポートに感謝している」とコメント。

「そして、フェリペ・マッサ、ルイス・ハミルトン、チップ・ガナッシなど募金ページをシェアしてくれた人たちにも感謝している」

寄付サイトでは、目標金額が26万ポンド(約3620万円)に設定されたが、現時点で62万ポンド(8737万円)を超える寄付が集まっている。

「我々がこの寄付の目標額を思いついたのは、インターネットで調べて義肢装具の費用を知ったからだ。リハビリはこの金額を大きく上回るだろう」

「彼はとても素敵な少年だ。人生と魂をかけた最も真剣なレーシングドライバーだ。このような状況の彼を見るのは悲劇だ」

「彼はとても愛されている」


関連:ビリー・モンガーが意識を回復…両足切断にも気丈な振る舞い

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン