F1イギリスGP、14日間の検疫が免除されなければ「開催は不可能」
F1は、海外からの入国者を隔離するというイギリス政府の計画が、F1イギリスGPの開催を“不可能”にするだろうと語る。

イギリス政府は、新型コロナウイルス感染の第2波を防ぐために、来月から英国に入国する人々に新たに14日間の検疫措置を課すことを予定している。

F1は、管理された“バイオスフィア(生物圏)”環境を作り出す計画を概説している。F1バドックのすべての人員は距離が保たれ、48時間ごとに新型コロナウイルスのテストを実施することで、英国政府に入国制限を免除するよう説得できることを期待している。

現在、F1関係者は7月5日にオーストリアのレッドブル・リンクでの無観客レースでのダブルヘッダーで延期されている2020年シーズンを開始する計画に取り組んでいる。その後、イギリスに戻り、シリバーストーンで再びダブルヘッダーでレースを開催することを計画している。

先週、シルバーストーンは、7月26日と8月2日に無観客でのレースを開催することでF1と合意に至ったが、イギリス政府が14日間の検疫措置からF1を免除しなかた場合、F1の計画は失敗する可能性がある。

F1の広報担当は5月19日(火)に「14日間の検疫は今年のイギリスGPを開催することが不可能にするだろう」と述べた。

「F1とサプライチェーンに関連する文字通り数万の仕事に大きな影響を与える。すべてのエリートスポーツがテレビに戻る場合は、免除を提供される必要がある」

イギリスの新聞 The Sunによると、イギリス政府は計画された隔離措置からスポーツを免除しないという兆候が高まっているという。月曜日の夜、イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ省のオリバー・ダウデンは、免除を取り消すことに同意した後、保健大臣によって却下されたと報じた。

現状では、トラック運転手とキーワーカーのみが新しい検疫ルールから免除されると理解されている。

F1が免除リストに含まれていないことを確認された場合、F1の10チーム中7チームが英国を拠点としているにも関わらず、F1イギリスGPの開催が困難になる可能性がある。

シルバーストーンがF1の70周年を迎える年にレースを開催することができなくなった合、ホッケンハイムがレースを開催するために待機しているとされている。

F1は今週の2020年シーズンの計画についてさらなる詳細を明らかにすることが期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP