F1:シルバーストーン、無観客でのF1イギリスGPのダブル開催に合意
シルバーストーンは、今年の夏に無観客で2回のF1イギリスGPを開催することでF1と合意に達したことを発表した。

シルバーストーンは、商業条件についてリバティ・メディアと話し合ってきた。通常の状況ではサーキット側がホスティング料金を支払うが、今回の合意ではF1側がイベントを運営するための費用を支払う契約に置き換えられた。

最近、F1のCEOであるチェイス・キャリーは「それがチーム、プロモーター、スポンサーのいずれであっても、我々は誰にでもキャディーを配るつもりはない」と語り、両者間で主張の食い違いがあった。

現在、商業契約は合意に達し、両組織は残りの詳細に取り組んでいる。

F1イギリスGPは7月26日と8月2日に開催される可能性が高く、当初の日程である7月19日は、同じように2つのグランプリを開催するオーストリアGP(7月5日/12日)とのスペースのために空けられることになる。

だが、イギリスのボリス・ジョンソン首相は最近の記者会見で海外からの渡航者に14日間の検疫を設けることを発表しており、その政府規制にどのように対応するかは保留のままとなっている。

シルバーストーンの責任者を務めるスチュアート・プリングルは「シルバーストーンとF1が今年の夏に密室で2つのレースを開催することで原則的に合意に達したことを発表できることをうれしく思う」とコメント。

「しかし、我々の優先事項は関係者全員の安全と新型コロナウイルス規制の厳格な遵守であり、これらのレースは政府の承認を受ける必要がある」

「これまでずっとサポートしてくれたすべてのファンに感謝し、F1がこの夏のショーに参加できるようにできる限りのことをする決意を示したいと思っている」

F1組織からの正式な確認はまだない。

F1の広報担当は「我々は改訂版カレンダーについてすべてのプロモーターと取り組み続けています」と語った。

オランダ、カナダ、シンガポールは中止になると考えられているが、スケジュールは流動的だ。

情報筋によると、F1はシルバーストーンがレースを主催できなかった場合に備えてホッケンハイムが待機しており、イギリスのイベントが確認されるギリギリまでそのポジションを維持し、他のサーキットでも同じ役割を果たすと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP