F1 イギリスGP
2018年のF1世界選手権 第10戦イギリスGPは、3名がピットレーンスタートとなっているが、ペナルティによるスターティンググリッドの変動はない。

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、フリー走行3回目にクラッシュによりシャシーを交換。サバイバルセルを交換したことでピットレーンからスタートする。また、ウィリアムズの2台はリアウイングを交換。パルクフェルメルールを破ったことでピットレーンスタートとなる。

ピットレーンでは、セルゲイ・シロトキン、ランス・ストロール、ブレンドン・ハートレーの順で並ぶことになる。

ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトン、フロントロー2番グリッドにはタイトル争いのライバルであるフェラーリのセバスチャン・ベッテルが並ぶ。2列目にはキミ・ライコネン(フェラーリ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)、3列目にはレッドブル勢、4列目にはハースの2台が並ぶ。

F1イギリスGPの決勝は7月8日(日)の22時10分(現地時間14時10分)にフォーメーションラップが開始される。

2018年 第10戦 F1イギリスGP 決勝スターティググリッド

GRIDNoドライバーチーム予選
144ルイス・ハミルトンメルセデス1(→)
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ2(→)
36キミ・ライコネンフェラーリ3(→)
477バルテリ・ボッタスメルセデス4(→)
533マックス・フェルスタッペンレッドブル5(→)
63ダニエル・リカルドレッドブル6(→)
720ケビン・マグヌッセンハース7(→)
88ロマン・グロージャンハース8(→)
916シャルル・ルクレールザウバー9(→)
1031エステバン・オコンフォース・インディア10(→)
1127ニコ・ヒュルケンベルグルノー11(→)
1211セルジオ・ペレスフォース・インディア12(→)
1314フェルナンド・アロンソマクラーレン13(→)
1410ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ14(→)
159マーカス・エリクソンザウバー15(→)
1655カルロス・サインツルノー16(→)
172ストフェル・バンドーンマクラーレン17(→)
PIT35セルゲイ・シロトキンウィリアムズ18
PIT18ランス・ストロールウィリアムズ 
PIT28ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ 

F1イギリスGP:各ドライバーの持ちタイヤ数F1イギリスGP:各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2018年 F1イギリスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP