ブリヂストン F1
F1は、今後もブリヂストンが公式タイヤサプライヤーとして留まるよう説得しているという。

1997年からF1に加わり、2008年から単独タイヤサプライヤーを務めているブリヂストンだが、2010年シーズン限りでF1から撤退することを発表している。

2011年からは、韓国のタイヤメーカーであるクムホやハンコックが公式タイヤサプライヤーに名乗りをあげているとされているが、スペインのEl Mundo Deportivoは、この2社に代わりは務まらないとしている。

同紙は、F1チーム側が2011年のタイヤの状況を「非常に懸念」しており、年間5,500万ユーロとされるブリヂストンの出費を減らす交渉を行っていると報じている。

2010年の規約はすでに改正されており、レース用に各ドライバーに割り当てられるタイヤ数は14セットから11セットに削減されている。

2007年までF1にタイヤを供給していたミシュランは、「燃料節約とCO2削減」におけるタイヤの役割が実証されるよう規約が改正されれば、F1復帰を「検討するかもしれない」と述べている。

関連:
ミシュラン、F1復帰についてFIAと交渉 - 2010年2月13日
ブリヂストン、2010年限りでF1撤退 - 2009年11月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブリヂストン