ブリヂストン F1
ブリヂストンは、近い将来のF1復帰は考えていない。

ブジヂストンは、2011年までF1にタイヤを供給。“タイヤ戦争”と単独供給時代の両方でF1と同義だった。

だが、ブリヂストンはオリンピックの主要スポンサーとして契約をしており、F1復帰は考えていないと語る。

ブリヂストンのヨーロッパ責任者を務めるロビン・ショーは「現在、我々は時間とリソースをオリンピックに投資している」

「近い将来、F1に復帰するという危険を冒すことは考えていない」

「私はF1のファンであり、楽しく観させてもらっている。だが、現在、我々がF1ではなく、オリンピックへの投資に満足していることに私は満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブリヂストン