F1 ブレンドン・ハートレー フォーミュラE
元トロロッソ・ホンダのF1ドライバーであるブレンドン・ハートレーが、ポルシェのフォーミュラEマシンをテストした。

昨年末でトロロッソ・ホンダのF1シートを喪失したブレンドン・ハートレーだが、2019年は多忙なスケジュールをこなしている。今季はフェラーリF1チームの開発ドライバーを務めるとともに、ジェンソン・バトンの代役としてWECのセブリング1000マイルレースにSMPレーシングから参戦。

さらに今年12月にスタートする2019/20シーズンのフォーミュラE参戦にむけて準備を進めているポルシェでマシン開発にも協力している。

ブレンドン・ハートレーは、ポルシェのフォーミュラEチームがスペインで実施している3日間のテストに参加。ポルシェは先月ヴァイサッハでフォーミュラEマシンのシェイクダウンを実施しており、その後のスペインのタラゴナ近郊のカラファトで作業を継続している。

ポルシェは、フォーミュラEのドライバーとしてニール・ジャニの起用を発表しているが、もう一人のドライバーについては未発表となっている。

今回のテストは、ブレンドン・ハートレーがシングルシーターに復帰する可能性を予告するものかもしれないが、ハートレーには今季限りでトヨタとのWEC活動を終了するフェルナンド・アロンソの後任としてWECに参戦するとの噂もある。

ブレンドン・ハートレーブレンドン・ハートレー ポルシェブレンドン・ハートレー フォーミュラE

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | ポルシェ | フォーミュラE