ブラウンGP F1シンガポールGP 初日
ブラウンGPは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ジェンソン・バトンが5番手、ルーベンス・バリチェロが11番手だった。

ジェンソン・バトン (5番手)
「今週末シンガポールに戻ってこれて嬉しいし、みんなナイトレースと異なる作業時間に対応するチャレンジを本当に楽しんでいる。セットアップ評価とタイヤのテストの多忙なプログラムでかなり充実した夜を過ごした。この会場は暑さと湿気がタフだし、サーキットの特性とバリアの近さは完全な集中が必要だ。重要なのは、一貫して速いパップを刻むことだし、それが今日僕たちが取り組んだことだ。クルマの感覚は悪くないし、今夜もう少し作業をして、良い週末に備えられると思う」

ルーベンス・バリチェロ (11番手)
「最初のセッションのあと、クルマのフィーリングはかなり良かったし、作業には満足している。トラフィックがプログラムに少し影響して、本当に多忙な一日だったけど、それは誰にとっても同じことだ。僕たちは日曜日のためのペースに集中していたし、それが最も重要なことだと考えている。レースで速く走るためには優れたマシンバランスが必要だからね。ポジティブに感じているし、週末に向けて正しいセットアップを成し遂げなければならない。ここで夜にレースをすることは1年の残りのレースとは非常に異なるし、これまでとても楽しんでいるよ」

結果&タイム
F1シンガポールGP フリー走行2回目:ベッテルがトップタイム
F1シンガポールGP フリー走行1回目:バリチェロがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブラウンGP | F1シンガポールGP