バルテリ・ボッタス、33歳の誕生日に不運なもらい事故で0周リタイア / アルファロメオ F1ベルギーGP 決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)は、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を0周リタイアで終えた。

決勝日の8月28日(日)が33歳の誕生日だったバルテリ・ボッタス。ペナルティによって13番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスは、スピンしたニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)を避けきれずに接触されてスピン。グラベルから抜け出すことができずリタイアに終わった。

「今日はペースがあったし、グリッドが混乱していたので、良い結果を得るチャンスがあったかもしれないので、レースを早く終えるおとになって残念だ」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「 間違ったタイミングで間違った場所にいたケースだった。ラティフィが左にスピンしてくるのが見えたので、衝突を避けるために回避行動をとることしかできなかった」

「残念ながら、草の上でスピンしてしまい、グラベルに引っかかってしまった。前後に動こうとしましたけど、動けなかった」

「望んでいた誕生日プレゼントではないけど、来週に焦点を合わせる前に、今夜は楽しみたい」

バルテリ・ボッタス アルファロメオ・レーシング F1 ベルギーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / F1ベルギーGP / アルファロメオF1