バルテリ・ボッタス 「ジョージ・ラッセルとのイモラの“再戦”を楽しんだ」 / アルファロメオF1チーム エミリア・ロマーニャGP 決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで、ジョージ・ラッセルとの4位をかけた“再戦”は「とても楽しかった」と語った。

バルテリ・ボッタスは7番グリッドからスタートしたが、ミッドフィールドの前で傑出したパフォーマーであり、表彰台を狙うことがもできた。しかし、インターミディエイトタイヤからスリックタイヤに交換したピットストップが遅く、多くのタイムを犠牲にした。

それでも、力強く挽回したバルテリ・ボッタスは、終盤に、2022年シーズンに自分に代わってメルセデスに加入したジョージ・ラッセルから4位を奪おうとプッシュした。

昨年、メルセデスF1にいたバルテリ・ボッタスと、ウィリアムズにいたジョージ・ラッセルは、交代の噂のなか高速でクラッシュを喫するという、ある種の遺恨があった。
バルテリ・ボッタスは、最終的にジョージ・ラッセルを追い抜くことはできなかったが、オープニングラップでの接触とピットストップでのロスを考えれば、レースの内容に満足していると語る。

「ターン2で少し接触はあったけど、良いレースだった」とバルテリ・ボッタスは記者団に語った。

「幸いなことに、ダメージはなかった。ピットストップは確かにレースに少し妥協を強いたけど、その後は本当に良いペースがあった。レース中ずっと全開でプッシュすることができたし、メルセデスをかなり捕まえていた」

「残念ながら、終盤に彼らヲオーバーテイクできるペースはなかったけど、それでも良いポイントを獲得できた」

バルテリ・ボッタスは、メルセデスと戦えるペースがあるのは「本当に楽しい」と語り、アルファロメオF1チームがエミリア・ロマーニャGPにアップグレードをもたらしたと明らかにした。

「今週末に行ったアップグレードは間違いなく車をさらに強くしたし、感触はいい」とバルテリ・ボッタスは語った。

F1エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタスが5位でフィニッシュしたことで、アルファロメオF1チームは、コンストラクターズチャンピオンシップで5位に順位を上げたが、バルテリ・ボッタスはチームにはまだ改善の余地があると説明した。

「それは今のところ計画通りだけど、まだ正して、改善できることはたくさんある」とバルテリ・ボッタスは語った。

「次のレースを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1 / F1エミリア・ロマーニャGP