F1:バルテリ・ボッタス、レース・オブ・チャンピオンズ出場を取り止め
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、今週末に出場予定だったレース・オブ・チャンピオンズ出場を取り止めた。

バルテリ・ボッタスは、今週スウェーデンのピテ・ハヴスバッドで行われるレース・オブ・チャンピオンズで、土曜日にはミカ・ハッキネンとチーム・フィンランドを結成してネイションズアップの総合優勝を目指し、日曜日んは個人戦であるレース・オブ・チャンピオンズを争うを予定だった。

実際、バルテリ・ボッタスは、準備テストに参加し、雪の中で週末に使用されるマシンをドライブしている画像を公開していた。

しかし、金曜日のイベントの記者会見にバルテリ・ボッタスの姿はなく、ミカ・ハッキネンはWシリーズのドライバーであるエマ・キミライネンとともにチーム・フィンランドとして出席した。

「バルテリにはコミットメントがあり、土壇場でのキャンセルされた」とミカ・ハッキネンは語った。

当然のことながら、エマ・キミライネンは、彼女のヒーローであるミカ・ハッキネンと一緒にレースをする機会を得たことに興奮している。

「彼(ハッキネン)は私の子供の頃のヒーローです」とエマ・キミライネンは語った。

「彼の子供たちは今日8歳になり、私が彼らの年齢だったときのことを思い出しました。毎週日曜日にF1が開催されたとき、レースを見ていました」

「ミカがアウトサイドから何度もオーバーテイクしていたのをずっと覚えていたので、彼がレースをしているのを見ていたので、今ここにいることを光栄に思います」

ミカ・ハッキネンも新しいチームメイトを歓迎し、リザーブだったエマ・キミライネンと戦うことは「素晴らしいものになるだろう」と語った。

「エマを迎えることができてうれしいく思う。素晴らしいものになるでしょう。」

「私は彼女のWシリーズでの成長と彼女のキャリアをフォローしてきた。昨日は彼女が運転した後、本当に良いチャットをしていた。良いチームができたね!」

ミカ・ハッキネンとエマ・キミライネンは、ネイションズカップの準々決勝で、ハッキネンの元マクラーレンのチームメイトであるデビッド・クルサードとWシリーズのチャンピオンであるジェイミー・チャドウィック要するチームGBと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / レース・オブ・チャンピオンズ / アルファロメオF1