バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との契約期間が3年であることを明らかにした。

アルファロメオF1の公式発表では、バルテリ・ボッタスと2022年から複数年契約を結んだとだけ記されていた。

「これについてはこれ以上コメントはしない」とアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは RTL に語った。

しかし、以前から複数年契約を希望していた31歳のバルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との新しい契約の期間を明らかにした。

「リラックスした気分だ」とバルテリ・ボッタスはフィンランドの放送局 MTV に語った。

「すべてが明確で、これから3年半で何が起こるかを分かっている。肩の負担が軽減されるし、自分の仕事に集中できる」

それが3年の固定期間なのか、それとも“オプション”を伴う契約なのかは不明だ。

「いくつかの異なる事柄に依存する。でも、少なくとも3年間はそこにいるだろう」とバルテリ・ボッタスは主張しました。

「僕にとってそれは本当に重要だった」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「ここでのキャリア全体で1年ごとの契約だったので、本当に長期的なプロジェクトがあるのは良いことだ」

「少なくとも数年間は、ドライバーとしての自分の仕事についてストレスを感じる必要はない」

F3とGP3でチーム代表のフレデリック・ヴァスールのチームに所属した経験があるハルテリ・ボッタスは、ザウバーの“数人の男”を知っており、「アルファロメオと将来に大きなポテンシャル」を見ていると語る。

また、バルテリ・ボッタスは、フレデリック・ヴァスールが自分がリードドライバーになると断言してくれたことにも喜んでいる。

「これからは自分が実際に違いを生むことができる」とバルテリ・ボッタスは語る。

「チームは、僕がプロジェクトリーダーのような役割であることを保証してくれた」

「当然ながら、自分が何かを言うときにはより多くの責任があるし、それが実際にそうなることは多くのモチベーションを与えてくれる」

実際、バルテリ・ボッタスは、メルセデスから2022年に再び1年間の契約オファーを提示されていたら、断っただろうと主張する。

「そうだね。メルセデスが複数年契約をオファしてくれたが、それが一番の選択肢だったのは確かだ。でも、1年間のオファーだったら去っていただろう」

また、バルテリ・ボッタスは、アルファロメオの方がウィリアムズに復帰するよりも良い選択肢でだったと述べた。

「それについて実際に僕が言えるのは、もちろん、あらゆる点で自分にとって最良の取引を選択しようとしたということだ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「僕が関わった会話の中で、アルファロメオは最も説得力のある選択肢だった。ウィリアムズは前進するためにうまくやっているし、彼らにとってそれが続くことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオ・レーシング