バルテリ・ボッタス、命令無視を否定。遊んでいて“うっかりファステスト” / F1オランダGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1オランダGPの終盤にファステストラップを記録したときは自分は“遊んでいただけ”だと述べ、チームの命令に従わなかったという見方を否定した。

マックス・フェルスタッペンが圧勝したレースで、メルセデスF1はレース終盤に予防措置として両方のマシンをピットに入れることを決断した。

最初にピットインしたのはバルテリ・ボッタスだが、ファステストラップを記録してボーナスポイントを獲得しないようチームから命令された。その段階でファステストラップはチームメイトのルイス・ハミルトンが記録していた。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のストラテジーディレクターであるジェームズ・ボウルズがチーム無線で『ファステストラップの試みを中止してくれ』と伝えるまでセクター1と2で区間ベストを出していた。

バルテリ・ボッタスは最終コーナーで減速したが、それでもファステストラップを更新(1分12秒549)してしまう。それは、レースの最後から2番目のラップでポイントを取り戻すためにルイス・ハミルトンが再びアタックしなければならないことを意味した。

だが、バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンのボーナスポイントが実際に危険に晒されないことを確実にするために、最終セクターで十分に減速したと主張。確かに最終的にルイス・ハミルトンが記録した1分11秒097からは1秒以上の差があった。

「最初はファステストラップのためにストップしたのかと思った。でも、ルイスにもギャップがあり、彼もストップした」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「最初のラップのセクター1とセクター2をほぼ全開でプッシュしたけど、チームはラップの終わりに減速するように頼んできた」

「ルイスは僕よりもその追加のポイントを必要としていたし、実際、僕は遊んでいただけだ。彼はドライバーズチャンピオンシップのために戦っていて、チームとして最大のポイントを獲得しようとしている。だから、それは仕方ないことだ」

「ルイスもストップしていることは分かっていた。最終セクターでかなりの量をリフトすれば、彼がそれを獲得することは分かっていた。だからドラマはないよ」

ルイス・ハミルトンは、ある段階でチーム無線で「僕にはそのポイントが必要だ」と言っていたが、バルテリ・ボッタスが自分からポイントを奪う可能性には心配していなかったと主張した。

「分からないけど、それはあまり問題ではない」とルイス・ハミルトンは語った。

「バルテリがそれを手に入れていても、問題はなかっただろう」

「結局のところ、チームとしてできるだけ多くのポイントを獲得するために、ファステストラップを獲得する必要があった。だから、バルテリがそれを獲得しても、僕が獲得しても、それほど大きな違いはない」

「でも、言ったように、僕はバルテリがストップしたことさえ知らなかった。完全にそれは知らなかった。ストップしたのは僕の選択だった。僕はその追加のポイントを必要としていたのでそうした。問題はない」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのチャンピオンシップ争いをサポートするためにチームゲームをプレイすることを余儀なくされた苛立たしいレースに耐えていたため、バルテリ・ボッタスの終盤のファステストラップについて理解できると説明した。

「ちょっとずうずうしかったが、理解できた」とトト・ヴォルフは語った。

「このチャンピオンシップは非常にタイトなため、バルテリは常に受け手側にいる」

「彼は最終セクターで大規模にリフトオフしていたし、ルイスがファステストラップを取ることは明らかだった。バルテリはそれを知っていた。ルイスは、チャンピオンシップを賭けた戦いのなかでポイントを獲得した。すべて良好だ」

トト・ヴォルフは、この件の重大性を軽視したが、チームが「最も友好的で専門的な方法」で問題を解決するために内部で何が起こったのかを話し合うことを確認した。

「ルイスにとってポイントを失うことにはあり得なかった」とトト・ヴォルフは認めた。

「それまでファステストラップだったので、正しいことでもなかっただろう」

「だが、その時点でのバルテリある程度のフラストレーションを理解する必要がある。最終的にはすべてが良好だ」

「我々はそれについて話すつもりだ。だが、最も友好的で専門的な方法でね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1オランダGP