バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、偽名を使ってランニング大会に出場したと Iltalehti が伝えている。

報道によると“バルト・ピッカライネン”という名前の参加者が、10キロレースを38分54秒というタイムでフィニッシュしたという。

バルテリ・ボッタスは、偽名を使って出場した理由について「ジャーナリストが来ないと思ったからだよ。いなかったね!」と説明した。

バルテリ・ボッタスは、ランニングは、フィットネスと楽しむためには良い活動だと述べた。

「スポーツをするのは好きだし、ランニングは特に好きだ。何度かトレイルランニングやトライアストンをやっているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バルテリ・ボッタス | ウィリアムズ