バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、2014年にウィリアムズで2シーズン目を過ごすことが決定した。

ウィリアムズは11日(月)、2014年のドライバーとしてフェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスを起用することを発表した。

「チームに残留して、F1での2シーズン目に着手できることをとても嬉しく思っている」とバルテリ・ボッテスはコメント。

「最初はテストドライバーとして、そして今はレースドライバーとして、長年ここのみんなのことは知っているので、ホームのように感じている」

ウィリアムズは、2014年からメルセデスのエンジンを搭載する。

「ウィリアムズを信頼しているし、今後は現在のパフォーマンスが示すよりもずっとうまくやれることはわかっている」

「また、僕を信頼し続けてくれたウィリアムズの全員、特にフランク、クレア、経営陣にも感謝したい」

バルテリ・ボッタスは、2014年に経験豊富なフェリペ・マッサをチームメイトに持つことになる。

「フェリペがチームメイトになるのを楽しみにしている。彼は速いし、経験豊かなドライバーだ。僕たちは一緒にクルマを改善し、来シーズンできるだけ多くのポイントを獲得するために最大限にプッシュしていく。2014年のチャレンジに準備を整えられるように冬を通して働いていく」

関連:ウィリアムズ、フェリペ・マッサとの契約を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バルテリ・ボッタス | ウィリアムズ