KERSをテストしたBMWザウバー(画像)
BMWは、22日(火)にスタートしたヘレステストでKERSシステムをテストしたが、メカニックがマシンに触れて感電するというトラブルがあった。

BMWは、ヘレス合同テストでKERSシステムのテストを行った。クリスチャン・クリエンがステアリングを握ったF1.07Cには、2009年のエアロコンセプトとエネルギー回収装置の初期バージョンが装着された。

トラブルは午前中に起こった。クリエンが3周のインストレションラップを終え、ピットレーンに止まったあと、メカニックはマシンをガレージに収めるためにマシンを誘導。そして、最初のメカニックがマシンに触れた際、感電し地面に倒れた。

彼はその後、医療センターで診察を受けたが、重傷は負わなかった。BMWは、この問題を完全に把握するまで、KERSでの走行を行わないことを決定した。

チームのスポークスマンは、この事故に関して「今日、ヘレスのテストトラックでKERSマシンをテスト中、マシンをピットに戻す際に、メカニックが事故にあた。彼はマシンに触れ、感電した。彼は左手に軽い怪我をし、左腕にかすり傷を負った。サーキットの医療センターで短い診察を受け、彼はテストトームに戻った。我々は現在、事故を調査している」と説明。

KERSに関しては、1週間前にレッドブルが、彼らのKERSのバッテリーテストに失敗し、ファクトリーから避難するという事故が起こっていた。

トヨタのチームプリシパルであるジョンハウエットは、KERSについて「これらの問題のすべては最初からテーブルの上にあった。電圧の問題、バッテリーの問題などね。バッテリーを郵送には登録などのコストがかかる。フライホイールを使用する人達もだ。KERSの仕組みは非常にシンプルだ。しかし、実施するのとても困難だし、市販車のアプリケーションは、レースカーとは完全に異なる。モーター、コントロールユニット、バッテリーなどの基本コンセプトは似ているが、市販車の洗練度とニーズは、F1で開発しなければならないものとは完全に異なる。大きな違いがあるんだ」との見解を語った。

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW