F1ベルギーGPの“DRIVER OF THE DAY”はベルント・マイランダー?
2021年のF1ベルギーGPで最も多くの周回を重ねたのは、F1マシンではなく、セーフティカーとメディカルカーだった。

セーフティカードライバーのベルント・マイランダーは、スタートからフィニッシュまで4時間の時間を要したレースを実質的にルードした。毎回のことだが、はるかに重いメルセデスでグリッド全体を後ろに率いることは素晴らしい成果だ。

事実上、レースが行われなかったF1ベルギーGPでは、通常の“DRIVER OF THE DAY”の投票は行われなかった。だが、ファンの多くはベルント・マイランダーがDRIVER OF THE DAYに値すると考えた。

それを聞いたベルント・マイランダーは、ビールのつまみになると笑った。

「そのようなものを手にするのは僕にとって初めだ。少なくともいつもドライだった。ありがとう。僕は自分の仕事をしている。良いチームであり、良いチームは一緒に仕事をするのが楽しく、うまく機能する」とベルント・マイランダーは Speed Week に語った。

「ありがたく頂いて、ビールのつまみにしたいね」

良いニュースを望んで何時間も待っていたファンにとって、セーフティカー先導の3周で終了することは厳しい決断だった。だが、常に安全が最優先され、F1はドライバーの命を守ることを優先しなければならなかった。

メルセデスAMGを運転しているベルント・メイランダーは、セーフティカーにとってさえコンディションはトリッキーだったと断言。さらに、2回目はコンディションは悪化したことを明らかにした。

「僕たちはスタートを試み、ストップし、ドライバーの話を聞いた。また、昨日より雨が多いとも話した。したがって、すべての決定は正しく行われた。2回目は、状況がそうであったように、視界はさらに悪化していた」とベルント・マイランダーは語った。

レースで言えば、DRIVER OF THE DAYはベルント・マイランダーかもしれないが、赤旗中にコースチェックのために最も多くの周回を重ねたメディカルカードライバーのアラン・バン・デル・メルヴェも相応しい走りを披露していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ベルギーGP