【動画】 2021年 F1ベルギーGP フリー走行2回目 ハイライト
F1ベルギーGP フリー走行2回目のハイライト動画。2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPのFP2セッションが8月27日(金)にスパ・グランコルシャンで行われた。

セッション前に雨が降ったことで、所々濡れた路面のあるなか、気温14.5度、路面温度は19.3度、60分のFP2セッションはスタート。数名がインターミディエイトで走行を開始したが、路面は乾いており、後半になるにしたがって太陽も出てきた。

その後は、大部分のハードもしくはミディアムで周回を重ねてタイムを出していく。30分の時点でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がハードで1分46秒423を記録してトップに立ち、チームメイトのセルジオ・ペレスもハードで2番手タイムを記録してレッドブル・ホンダが1-2で折り返す。
タイヤの順番やショートラン、ロングランをする時間帯はまちまちだが、30分を目途にメルセデスがソフトタイヤでショートランを開始。バルテリ・ボッタスがトップ、2番手にルイス・ハミルトンがタイムシートの上位に名を連ねた後、マックス・フェルスタペンがそれを上回ってタイムシートのトップに立つ。

残り15分に差し掛かろうとしたところでシャルル・ルクレール(フェラーリ)がターン5でクラッシュ。セッションは赤旗中断となる。

残り10分でセッションは再開。全チームともにやり残した仕事があったようで、全19台がピットレーンに並んでコースインして走行を開始。

そして、終了間際にマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が少し前のルクレールと同じ場所でクラッシュ。セッションは赤旗が提示され、そのまま終了。チームは最後の確認作業を終えらずにセッションを終えることになった。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、そのマックス・フェルスタッペン。12周を走行して1分44秒472をマーク。2番手には0.041秒差でバルテリ・ボッタス、3番手には0.072秒差でルイス・ハミルトンと全長7.004kmのサーキットで0.1秒以内の差。

レッドブルとメルセデスの両チームともセクター2をターゲットにした同じタイムの出し方をしており、マシンはほぼ互角と言える。だが、レッドブルが負けているのはセルジオ・ペレスが10番手に沈んでいることだろう。セッション前にレッドブルとの2022年の契約延長が発表されたペレスだが、フェルスタッペンから0.932秒差と初日の段階ではスピードを示せていない。

4番手にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)。バイザーの中に設置する新しいヘルメットカムによる斬新な映像を届けた。チームメイトのエステバン・オコンも7番手と好調。

5番手はピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)。FP1でも3番手と上位で安定した走行を続けており、Q3進出もかなり期待できそうだ。チームメイトの角田裕毅は0.793秒差の12番手。レッドブルはセカンドドライバーが競争力を発揮できていない。

アストンマーティンがランス・ストロールが6番手、セバスチャン・ベッテルが8番手と好タイムで初日を締めくくった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ベルギーGP / F1動画