ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、フェラーリとミハエル・シューマッハに対する批判を続けた。

F1キャリアが終焉を迎えそうなルーベンス・バリチェロは、最近フェラーリに在籍した6年間についての暴露本出版を匂わせている。

バリチェロは、悪名高い2002年のオーストラリアGPでトップを走行している間、クビにされる恐れがあったと語る。

バリチェロは、最終ラップのフィニッシュ直前、ミハエル・シューマッハにトップを譲った。その露骨なチームオーダーは波紋を呼び、翌年からレギューレーションでチームオーダーは禁止となった。

シューマッハの前を走行しているとき、バリチェロは無線で「マイケルが後ろにいるのはわかっているか?チャンピオンシップのために重要なことだ」と伝えられたという。

最終ラップで最後通告がなされるまで、ピットとの8周にわたって続いたという。

「ラップごとに会話の激しさは増していった。そのあと、僕は契約について考えるように言われたんだ」

「僕にとって、それは明白だった。アクセルを離すか、家に帰るかね」

その後、バリチェロは、シューマッハが決定に関係していたか尋ねたという。

「彼は関係ないと言った。でも、僕は彼が関与していたことを証明する書類を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / フェラーリ