F1バーレーンGP
F1バーレーンGPの主催者は、今年F1レースを開催することを断念したことを認めた。

先週の金曜日に世界モータースポーツ評議会は、F1バーレーンGPを今年のカレンダーに復帰させ、F1インドGPを12月11日に変更することを決定した。

だが、それから6日後、バーレーン・サーキットの代表はレースを開催することはないと認めた。

F1チーム側は、物流面の問題から12月までシーズンを延長することに不満を抱いており、FIAのジャン・トッド会長はバーニー・エクレストンに日程を再提出するよう要求していた。

バーレーン・インターナショナル・サーキットのザイド・ラシード・アルザヤニ会長は、F1競技者らの問題に繋がるようなイベントを推進しても意味はないと述べた。

「バーレーンは、10月30日にグランプリを開催するという世界モータースポーツ評議会の決定を嬉しく思ったが、退会が進展できないことは明らかだし、我々はその決定を完全に尊重している」

「バーレーンは、独自の経験とグランプリサポーターの一般的な歓迎を提供するだけでなく、中東でのF1レースの開拓から新しいテリトリーで他の国が彼ら自身がレースを容易に開催できることを助けることまで、常にF1の継続的な発展においてポジティブな役割を担おうとしてきた」

「バーレーンは、シーズンカレンダーのさらなる拡大、そして各ドライバー、チーム、サポーターのF1の楽しみにを損なわせようという気持ちは全くない」

「来年、バーレーンにチーム、ドライバー、サポーターを歓迎することを楽しみにしているし、スタッフ、ボランティア、スポンサー、個人企業、一般市民を含めたサポーターの姿勢に心から感謝を示したい。彼らにとって今年の決定が失望であることはわかっている」

「また、FIA、FOM、バーレーン・モーター連盟(BMF)、そしてチームのサポートと理解には特に感謝したい」

カレンダーの正式な日程変更がいつなされるかは明らかになっていないが、F1インドGPは10月30日に戻り、2011年シーズンは11月27日のF1ブラジルGPで終了することになるとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1バーレーンGP