F1オーストリアGP:無観客レース&2レース開催に前向き
オーストリア政府とレッドブルは、危機に扮している2020年のF1世界選手権にライフラインを投げる準備ができているかもしれない。

2020年のF1世界選手権は第9戦カナダGPまで延期・中止が決定しており、その後のフランスGPとイギリスGPも延期になることが濃厚と考えられている。しかし、レッドブル・リンクの所有者であるレッドブルは7月5日のレースを開催したいと考えている。

政治的にも、レッドブル・リンクで2レースを開催するというレッドブルのアイデアはうまくいくかもしれない。

「それについて私が責任を負っていないという事実は別として、私としてはそれは考えられることだ」とオーストリアのスポーツ担当大臣であるヴァーナー・コグラーは Kleine Zeitung に語った。

「F1チームが準備できればそれは可能性があるだろう」とし、それでも特定の検疫措置を実施する必要があるだろうと付け加えた。

また、F1オーストリアGPは、無観客レースにもオープンな姿勢を示している。

元ドライバーのクリスチャン・ダナーは、少なくともオーストリアGPのためのレッドブルの計画がうまくいくことを望んでいると語る。

「レッドブルという献身的なプロモーターとともに、これはオーストリア人による非常に野心的な推進だ。うまくいくことを願っている」とクリスチャン・ダナーはRTL に語った。

「それがどの程度まで法的状況と折り合いがつけられるか私には予測できないがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1オーストリアGP / レッドブル