アウディ フォーミュラE
電気自動車のレースシリーズ、フォーミュラEの2018/19シーズン(シーズン5)の開幕戦が、サウジアラビアのディルイーヤで開催され、Team Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)のダニエル・アプトとルーカス・ディ・グラッシは貴重なポイントを獲得した。

大混乱となった予選後に行われた決勝レースで、ダニエル・アプトとルーカス・ディ・グラッシは、それぞれ11番および18番グリッドからスタート。素晴らしい追い上げを見せ、アプトが8位、ディ・グラッシが9位でチェッカーを受けた。

砂漠で開催された開幕戦は、予想外の雨により大きな影響を受けた。土曜日の午前中には、フリー走行が2回行われる予定だったが、路面に溜まった水を取り除くために赤旗中断され、1回の短いフリー走行のみが行われ、予選も変則的な形で行われた。

チーム代表のアラン・マクニッシュhq「すべてのチームが、この新しいサーキットにおける難しいコンディションに非常に苦しんだと思います。予選では、誰も完璧に準備することができず、まさにギャンブルのような状態でした。最終的に、ダニエルとルーカスはポイントを獲得することができましたが、私たちの期待や能力とはほど遠い結果となりました。多くの課題を本拠地のノイブルクに持ち帰って、マラケシュで開催される第2戦では、さらに上を目指したいと思います」と語った。

ウェットコンディションで行われた予選で、ダニエル・アプトとルーカス・ディ・グラッシは、リヤタイヤのグリップ不足を訴えた。さらに、ディ・グラッシは、(他の何人かのドライバーと同様)一時的にパワー上限値を超えてしまったため、ベストタイムを剥奪されてしまう。

しかし、決勝レースでは、アウディの両ドライバーは、闘志溢れる走りを見せた。ダニエル・アプトは「今日の僕たちのマシンには、速さが足りませんでした。そのため、ハードにプッシュしなければならず、非常に厳しいレースとなりました」と語った。

フォーミュラE第2戦は、2019年1月12日にモロッコのマラケシュで開催される。

関連:【動画】 フォーミュラE 開幕戦 ディルイーヤePrix 決勝ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アウディ | フォーミュラE