アストンマーティンF1のリアウイングのコピーを全F1チームが検討?
F1チームは、先週末のF1ハンガリーGPで登場したたアストンマーティンF1チームのリアウィングのイノベーションを調査している。

専門家は、セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールのAMR22のリアウイングに追加された「アームチェア」型のリアウイングが、2021年のハイダウンフォースウィングの効果を再現していると分析している。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「それがレギュレーションに準拠しているかどうかが重要だと思う」とコメント。

「それは興味深い別の道を切り開く。そして、反対するのではなく、おそらく一度はアストンマーティンから何かをコピーするだろう」

アストンマーティンF1のイノベーションは、技術的には合法であるものの、自動車をより簡単に追跡できるように設計された2022年のレギュレーションの意図に反していると考える人もいる。

しかし、アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、FIAから完全に承認を受けていると主張する。

「これが受け入れられるものであるかどうかを理解するために、開発中ずっとFIAと連絡を取り合っていた」とマイク・クラックは明かした。

ライバルの大部分がその解釈を禁止するために投票しようとするかと質問されたマイク・クラックは「過半数かどうかについてはついて心配していない」と付け加えた。

マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、チームは「来週」にもデザインを検討すると語り、アルピーヌF1チームのスポーティングディレクターを務めるアラン・パーメインは「9チーム」がすでにCFDでバージョンを実行していると考えている。

「それが速いのであれば、あと9つが登場すると思う」とアラン・パーメインは語った。

「レギュレーションの意図についての指摘があるが、我々はとに速く走り、信頼性があることを望んでいる。実際、それを解決するのはFIAとF1だ」

スクーデリア・フェラーリのレーシングディレクターを務めるローラン・メキースは「FIAが合法だと言っているのであれば、誰もがそれを試してみるだろう」と同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン