アストンマーティンF1の開発ドライバー 「2022年F1マシンは非常に有望」
アストンマーティンF1のテスト兼開発ドライバーであるニック・イェロリーは、チームの2022年F1マシンについていくつかの励みになるフィードバックを提供した。

2021年のアストンマーティンF1としての新た新しい章は、ローレーキマシンに影響を与えた新しい空力規則の変更に大きく妨げられることになり、当初の期待に完全に応えることができなかった。

結果として、アストンマーティンF1は、コンストラクターズ選手権を7位で終え、2020年のレーシング・ポイント時代にマークしたランキング4位を大きく下回った。

しかし、2022年は空力が完全にオーバーホールされてまったく新しいF1マシンが導入されることで、すべてのチームが勢力図の変化を期待している。

新車は来年2月にバルセロナで開催されるプレシーズンテストまでコース上を走ることはないが、2022年を念頭に置いて今シーズンの間に多くのシミュレーターでの作業とセットアップの実験が行われてきた。

F1アブダビGP後のヤス・マリーナ・サーキットで実施されたポストシーズンテストにアストンマーティンF1のために作業を行ったニック・イェロリーは、チームが新しいレーギュレーションを十分に理解していることを楽観視している。

「セットアップオプション、来年のマシンのいくつかの側面、セットアップの特定の方向性を対象にしていたので、シミュレーターでの走行と比較してどのように感じられるかを知ることができました」とニック・イェロリーは語った。

「僕たちは長い間2022年の車に取り組んできました。最初の走行は、3月にシムで行われた」

「明らかに、新しいマシンを軌道に乗せるとき、それは重要なポイントになる。でも、全般的に、マシンの感触は非常に良く、ビルドプロセスについて考える前でさえ、シミュレーターで新しいアイデアをテストしている」

「3月以降、大きな進歩を遂げているし、今では2月にバルセロナで走行するのを楽しみにしている」

ニック・イェロリーはアブダビのアストンマーティンの2021年F1マシン『AMR21』で118周を完了。過去1年間に実施してきた彼のシミュレーター作業はすべて、トラックで経験したことと非常によく相関していると述べた。

「とても近かった! シミュレーターと比べてマシンで見つける方法には驚いたけど、例えば、タイヤの滑り方、ブレーキング感、特定の縁石に対するマシンの反応など、微妙なニュアンスはほとんどなかった」

「これらは僕たちが見ることができる小さな領域だけど、一般的にシミュレーターは非常に良いウィンドウにあり、それは僕が早い段階でマシンにドライビングをダイヤルするのに本当に役立った」

「それは僕たちをさらに高いレベルに導くために取り組むべきいくつかのことが与えてくれた、すぐに相関のためにシミュレーターに戻る予定だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / F1マシン