アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグのリザーブ起用を望む
アストンマーティンF1は、2021年にニコ・ヒュルケンベルグを公式リザーブドライバーとして登録すること望んでいる。

昨年、F1を離れていたニコ・ヒュルケンベルグは、体調不良のセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役としてレーシング・ポイントから3戦に出場。“スーパーサブ”の異名をとった。

2021年のレッドブル・ホンダのF1ドライバー候補に挙げられていたニコ・ヒュルケンベルグだが、最終的にチームはセルジオ・ペレスの起用を選択。ヒュルケンベルグは再びフルタイムのシートがない状況となっている。

アストンマーティンF1は、2021年にニコ・ヒュルケンベルグとリザーブドライバー契約を結ぶことに関心を持っているかと質問されたチーム代表のオトマー・サフナウアーは「そうなるのが好ましい」と RTL に語った。

「それは我々全員にとって素晴らしいことだと思う」

アストンマーティンF1は、2021年のドライバーとしてセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールを起用する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / ニコ・ヒュルケンベルグ