アストンマーティン 「2021年のF1へのワークス参戦計画に変更はない」
アストンアーティンは、新型コロナウイルスによる“コロナショック”によって今後12か月の要件を満たすための十分な“運転資金”がなくなる可能性を警告しているが、2021年にワークスチームとしてF1に復帰する可能性に変更はないと断言する。

アストンマーティンは3月30日(月)の夜に声明を発表し、レーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールが4月20日付で同社のエグゼクティブチェアマンに就任することを発表した。

資金難に陥ったアストンマーティンは外部からの投資を容疑なくされ、今年1月、ローレンス・ストロールが率いる投資家のコンソーシアムが同社の株式の最大20%を取得することを発表した。

だが、残念ながら、新型コロナウイルスの世界的な大流行は、アストンマーティンの売り上げに新たな打撃を与え、同社は存続を確保するために追加の資金を求めることを余儀なくされた。その結果、全体として、権利問題により5億3,600万ポンドが調達された。その大部分はローレンス・ストロールのコンソーシアムからの投資となるが、さらに1億5,000万ポンドがローンの形で同社に提供される。

アストンマーティンのセント・アサンの工場は4月20日に稼働が再開されると期待されており、資本の流入により、同社の運命を左右するDBX SUVの生産に投入することができるが、同社は将来について警告を発している。

「資本調達の収益を鑑みて、当初の目論見書の発行後12か月間、グループがその要件を満たすのに十分な運転資本を持っていないと考えている」

「これは、当社が3月13日に最初の補足目論見書を発行して以来、COVID-19の影響が増大していること、進行中および作り続けている定量化不可能な不確実性によるものだ」

ローレンス・ストロールは、2021年からのアストンマーティンとしてF1に復帰するということ以外、関与について特定の洞察を提供していていない。

「私とコンソーシアムの共同投資家は、アストンマーティン・ラゴンダの未来を熱心に信じ続けています」とローレンス・ストロールはコメント。

「これは、会社の経済的安全を支える2億6,200万ポンドの投資によって最も明確に示されている。これは、非常に困難な時期に私のコンソーシアムや他の株主によって行われたため、5億3,600万ポンドの非常に大きな資金調達だ」

「これにより、ビジネスを長期的な将来に向けてリセットするために必要な安定性が得られる。これを実現するための明確な計画がある。来シーズン、アストンマーティンがF1ワークスチームに参加することを含め、このプログラムを実現するために経営陣と協力できることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / レーシングポイント