2024年02月のF1情報を一覧表示します。

2024年 F1バーレーンテスト:3日間の周回数・走行距離&総合タイム

2024年2月25日
2024年 F1バーレーンテスト:3日間の周回数・走行距離&総合タイム
2024年のF1世界選手権に先立つプレシーズンテストが、2月21日(水)から2月23日(金)の3日間にわたってバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

プレシーズンテストは、各チームが燃料積載量や走行計画を社内秘密にしているため、本当の順位を測るのは難しいが、少なくとも洞察は得られる。

2024年F1バーレーンテスト 検証:レースシミュレーションから探る勢力図

2024年2月25日
2024年F1バーレーンテスト 検証:レースシミュレーションから探る勢力図
F1 バーレーンテストの勝敗を決めるのは1周のペースではないことはF1チームもファンも知っている。フェラーリのカルロス・サインツとシャルル・ルクレールのコンビが今週のバーレーンテストで総合首位に立ったことがほとんど話題にならいのはそのためだ。

バーレーン・インターナショナル・サーキットで2日目に記録したサインツの1分29秒921は、同じ日の午後にセルジオ・ペレスが記録したレッドブルの1分30秒679をコンマ7秒上回るものだった。

ハースF1 小松礼雄の代表就任で「エンジニアはでたらめな事は言えない」

2024年2月25日
ハースF1 小松礼雄の代表就任で「エンジニアはでたらめな事は言えない」
ハースF1チームのチーム代表に豊富な技術経験を積んでいる小松礼雄が就任したことで、エンジニアたちは「でたらめな言い逃れはできなくなった」とドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは語る。

率直な物言いで人気のあったハースF1チーム創設当初からのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、契約満了に伴い冬の間にチームを去った。

ビザ・キャッシュアップRB 2024年F1バーレーンテスト レポート

2024年2月25日
ビザ・キャッシュアップRB 2024年F1バーレーンテスト レポート
ビザ・キャッシュアップRBが、新たな装いでの初陣となる2024年F1バーレーンテストを振り返った。

昨年までスクーデリア・アルファタウリといて活動していたレッドブルF1のジュニアチームは、今季からビザ・キャッシュアップRBへと生まれ変わり、新たなカラーリングでバーレーン・インターナショナル・サーキットに登場した。

ギュンター・シュタイナー テレビ解説者としてF1パドックに復帰

2024年2月25日
ギュンター・シュタイナー テレビ解説者としてF1パドックに復帰
ハースF1チームの元代表であるギュンター・シュタイナーが、チームから追放されてから2カ月、来週バーレーンで行われるF1パドックにテレビ解説者として復帰する。

ドイツの放送局『RTL』から7レース、『チャンネル10』からオーストラリアGPに出席する予定であり、スケジュールに合う他の仕事の可能性についても交渉中だという。

フェラーリF1 2024年F1マシンは「風の敏感さを回避」とルクレール

2024年2月25日
フェラーリF1 2024年F1マシンは「風の敏感さを回避」とルクレール
シャルル・ルクレールは、フェラーリが昨シーズン悩まされた風の敏感さの問題をなんとか回避したことで、2024年F1マシンの改善に集中できると考えている。

スクーデリア・フェラーリは前シーズンの序盤、2022年型マシンの進化版で風向きの変化に影響されやすいという深刻なトラブルに見舞われた。

メルセデスF1 2024年F1マシン『W15』の予選ペース向上に注力

2024年2月25日
メルセデスF1 2024年F1マシン『W15』の予選ペース向上に注力
メルセデスは、先代マシンの悪癖を取り除いた新型F1マシンからシングルラップのペースを引き出すには「もっとやるべきことがある」と認めている。

メルセデスはバーレーンでの3日間のF1プレシーズンでグローリランよりもロングスティントに焦点を当て、ジョージ・ラッセルがチームメイトのルイス・ハミルトンとともに上位から大きく引き離されていたが、最終日には柔らかめのC4タイヤを装着して2番手につけた。

マクラーレンF1は「レッドブルやフェラーリにまだ遠く及ばない」とノリス

2024年2月25日
マクラーレンF1は「レッドブルやフェラーリにまだ遠く及ばない」とノリス
ランド・ノリスは、2024年F1バーレーンテスト後、マクラーレンは依然として「レッドブルにもフェラーリにも遠く及ばない」と考えているようだ。

大胆な新デザインのRB20を投入したF1の覇者レッドブルは、バーレーン・インターナショナル・サーキットでのロングランで一貫した速さを印象づけた。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1の新車は「あまりいい感じではない」

2024年2月25日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1の新車は「あまりいい感じではない」
ピエール・ガスリーは、バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年F1マシン『A524』による3日間のテストを終えて、アルピーヌF1チームが「あまりいい感じではない」と認めた。

アルピーヌF1チームは昨シーズンからコンセプトを大幅に変更しており、最適化には時間がかかる可能性があることを認識していた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»
 
F1-Gate.com ホーム