2021年09月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフが苛立つほど戦いは楽しくなる」

2021年9月30日
レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフが苛立つほど戦いは楽しくなる」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフとのライバル関係を楽しんでおり、ヴォルフが“苛立つ”ほど“楽しくなる”と語る。

メルセデスとレッドブル・ホンダは今年のコンストラクターズタイトルをめぐって対戦しており、ドライバーのルイス・ハミルトンとマックス。フェルスタッペンはドライバーズタイトルを争っている。

マクラーレンF1、“時代遅れ”のシミュレーターと風洞が足枷に

2021年9月30日
マクラーレンF1、“時代遅れ”のシミュレーターと風洞が足枷に
マクラーレンF1の勝利への道は、“時代遅れ”のインフラストラクチャにある程度妨げられている。

現在、マクラーレンF1は新しいシミュレータと風洞をワーキングのファクトリーに建設中だが、それらは2023年まで準備が整うとは予想されていない。

また、2023年に導入されたとしても、すぐに利益がもたらされるわけではないため、マクラーレンが投資の効果を体験するのは2024年シーズンとなる。

2021年 F1世界選手権:第20戦としてF1カタールGPの初開催が決定

2021年9月30日
2021年 F1世界選手権:第20戦としてF1カタールGPの初開催が決定
2021年 F1世界選手権の第20戦としてカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでF1カタールGPが初開催されることが決定。合わせて2023年からの10年契約が発表された。

ロサイル・インターナショナル・サーキットは、二輪レースの世界との関連で最も有名であり、2004年からMotoGPシリーズを主催している。国際通信会社のOoredooがこのイベントのタイトルスポンサーになる。

ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」

2021年9月30日
ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」 F1ロシアGP 決勝
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、F1ロシアGPで雨が降り始めたときにステイアウトするというランド・ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではないと語る。

ランド・ノリスは、レースの大部分をリードし、ルイス・ハミルトンの追撃をかわしてF1初勝利にむけて戦っていたが、ソチに降り注いだ終盤の雨が状況を一変させた。

フェラーリF1、新型エンジンのパフォーマンス向上について黙秘

2021年9月30日
フェラーリF1、新型エンジンのパフォーマンス向上について黙秘
フェラーリF1は、F1ロシアGPでシャルル・ルクレールが使用した新型エンジンがどれほどパフォーマンスを向上させたかについて口を閉ざしている。

シャルル・ルクレールは、ソチで最新のF1パワーユニットを搭載したが、シーズンで4基目のユニットとなったため、後方グリッドからのスタートする余儀なくされた。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはハミルトンの心理戦には動じない」

2021年9月30日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはハミルトンの心理戦には動じない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンの“心理戦”に動じることはない。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーだけでなく、元チームのF1ドライバーで現在は解説者を務めるデビッド・クルサードもそう論じる。

マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立

2021年9月30日
マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立
マクラーレンF1のランド・ノリスは、OTK Kart Groupと協力して若い才能を発掘するためのカートチーム『LN Racing Kart』を立ち上げたことを発表した。

ランド・ノリスは、2014年に現在ハースのF1ドライバーであるニキータ・マゼピン、レッドブルジュニアドライバーのユアン・ダルバラを抑えてタイトルを獲得し、最年少の世界カートチャンピオンになった。

ゲルハルト・ベルガー 「ボッタスはフェルスタッペンに“洗脳”されていた」

2021年9月30日
ゲルハルト・ベルガー 「ボッタスはフェルスタッペンに“洗脳”されていた」 F1ロシアGP 決勝
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、F1ロシアGPのレース前にバルテリ・ボッタスはマックス・フェルスタッペンの術中に嵌められ、抜かれやすいように“洗脳”されていたと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、前戦F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとの接触で3グリッド降格ペナルティを科せられていたこともあり、レッドブル・ホンダは新品エンジンを投入してエンジンペナルティを受けるグランプリに選択。最後尾からレースをスタートすることになった。

ピレリF1 「タイヤで水しぶきによる視界不良を解決することはできない」

2021年9月30日
ピレリF1 「タイヤで水しぶきによる視界不良を解決することはできない」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、雨天時にタイヤによって生成される水しぶきのレベルについては何もできないと語る。

F1ロシアGPの土曜日は雨に見舞われ、事実上レースができなかったF1ベルギーGPのフラッシュバックを引き起こした。スパ・フランコルシャンは、持続的な雨によってドライバーはセーフティカーの後ろで2周行列になって走行しただけで終わった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム