レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフが苛立つほど戦いは楽しくなる」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフとのライバル関係を楽しんでおり、ヴォルフが“苛立つ”ほど“楽しくなる”と語る。

メルセデスとレッドブル・ホンダは今年のコンストラクターズタイトルをめぐって対戦しており、ドライバーのルイス・ハミルトンとマックス。フェルスタッペンはドライバーズタイトルを争っている。

今年、拮抗した戦いにより、トト・ヴォルフとクリスチャン・ホーナーはメディアを通じて舌戦を繰り広げている。ヴォルフはF1アゼルバイジャンGPでホーナーを“おしゃべりな人”と呼んだ。だが、クリスチャン・ホーナーは、個人的な戦いを楽しんでいると主張する。

「もちろん、これはメルセデスにとって初めてのことであり、トトが挑戦される状況に置かれたのは初めてのことだ」とクリスチャン・ホーナーは Channel 4 に語った。

「彼は、ドライバーはすでに契約を結び、エンジンがすでに設置された状況でチームに入った」

「彼はあのチームの勝利を維持するために素晴らしい仕事をしたが、そこにリアルな競争はなかった。したがって、それがリアルなスクラップ、リアルな競争はこれが初めてだ」

「チーム間には敬意があるが、我々は非常に異なる方法で運営されていると思う。私は最前線にいたいと思っている。私はストラテジストとエンジニアと一緒にピットウォールに座っている。トトはガレージでプレス担当の隣にいる。

「つまり、それらは異なる機能であり、異なる役割であり、異なる見通しだ。しかし、もちろん競争は熾烈だ。それがこのチャンピオンシップの重要な点だと思う」

「我々は競争を愛しており、トトが苛立つほど、それはより楽しくなる」

F1ロシアGPの結果を受けて、ルイス・ハミルトンはドライバーズチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンに2ポイント差をつけ、メルセデスはコンストラクターズチャンピオンシップでレッドブル・ホンダとの差を33ポイント差に広げた。

レッドブル・レーシングがタイトルを争うことができるポジションにいるのは2013年以来であり、クリススチャン・ホーナーは彼のチームが戦いを楽しんでいると語った。

「メルセデスは倒すことができるチームだ。だが、成功できるのは我wレが最善を尽くした場合のみだ」とクリススチャン・ホーナーは付け加えた。

「我々はそれができることを証明し、それができることを自分たちに証明してきた。我々は自分たちをその立場に導いてきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス