2021年02月のF1情報を一覧表示します。

アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」

2021年2月28日
アレクサンダー・アルボン 「自分の仕事がRB16Bに生かされている」
2021年のレッドブル・レーシングのF1シートを失ったアレクサンダー・アルボンだが、リザーブ兼開発ドライバーとして、昨年自分とチームメイトのマックス・フェルスタッペンが苦労したRB16より、チームのエンジニアが今季マシン『RB16B』をより運転しやすいマシンに進化させるのを手助けするために、冬の間にシミュレーターで忙しく作業を行っている。

カルロス・サインツ、18インチタイヤのテストでクラッシュの噂

2021年2月28日
フェラーリF1のカルロス・サインツ、18インチタイヤのテストでクラッシュの噂
フェラーリF1のカルロス・サインツは、今週初めにヘレスで行われたピレリの18インチタイヤのテスト中にクラッシュを喫したと噂されており、確認を求められて口ごもった。

ピレリは2022年から導入する18インチタイヤの開発プログラムを開始し、フェラーリF1のカルロス・サインツとチームメイトのシャルル・ルクレールは、月曜日から水曜日の3日間にわたってスペインのヘレス・サーキットでテストを実施した。

セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンに対して経験は大きな武器になる」

2021年2月28日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンに対して経験は大きな武器になる」
レッドブル・ホンダF1に新加入したセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとの戦いにおいて、自分がF1キャリアで培ってきた豊富な経験が大きな武器になると考えている。

前任者のアレクサンダー・アルボンは、2020年にレッドブル・レーシングの期待に応えることができず、今年、チームはマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして、レッドブルのタレントプール外のドライバーであるセルジオ・ペレスと契約を結んだ。

F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」

2021年2月28日
F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」
2021年のレッドブルの4つのF1シートから外れたアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルやアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅に“恨みはない”と語る。

2020年に期待された結果を残すことができなかったアレクサンダー・アルボンは、レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を決断したことでシートを喪失。2021年はレッドブルのリザーブ兼開発ドライバーを務めながら、ドイツツーリングカー選手権に参戦することが決定している。

トヨタ:WRC 第2戦アークティック・ラリー・フィンランド デイ2 レポート

2021年2月28日
トヨタ:WRC 第2戦アークティック・ラリー・フィンランド デイ2 レポート
2月27日(土)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦アークティック・ラリー・フィンランドのデイ2が、フィンランド北部ロヴァニエミのサービスパークを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(ヤリスWRC 69号車)が総合2位に、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合5位につけた。なお、総合6位につけていたセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(1号車)は、最後のステージで雪壁に当たりスタック。デイリタイアとなり総合22位に順位を下げた。

メルセデスF1、W12のブラック&シルバーのカラーリングをティザー公開

2021年2月28日
メルセデスF1、W12のブラック&シルバーのカラーリングをティザー公開 / 2021年F1マシン
メルセデスF1は、2021年F1マシン『W12』のまったく新しいカラーリングをティザー公開した。

伝統的にシルバーのカラーリングを採用してきたメルセデスF1だが、昨年、反人種差別運動の一環としてマシンをブラックにカラーリング。今年もその取り組みを続けていくことを明らかにしていた。

【動画】 アストンマーティンF1、『AMR21』のF1エンジンを初始動

2021年2月28日
【動画】 アストンマーティンF1、『AMR21』のF1エンジンを初始動
アストンマーティンF1は、2021年F1マシン『AMR21』のF1エンジンを初始動。ソーシャルメディアで動画を公開した。

昨年、レーシング・ポイントとしてランキングを4位で終えたチームは、2021年にアストンマーティンF1チームとして参戦。61年ぶりにアストンマーティンの名前をF1グリッドに復活させる。

角田裕毅 インタビュー 「僕は普通の20歳の男子ですよ」

2021年2月28日
角田裕毅 インタビュー 「僕は普通の20歳の男子ですよ」 / アルファタウリ・ホンダF1
角田裕毅は、2021年のF1世界選手権でアルファタウリ・ホンダからF1デビュー。2014年の小林可夢偉以来の日本人F1ドライバーが誕生する。

レッドブルがドライバーの宝石を見つけたという期待は高いが、日本人として21人目のF1ドライバーとなる角田裕毅がレースウィナーになれるかどうかは時が経たなければわからない。日本人ドライバーは、3人が表彰台を獲得しただけである。

アストンマーティンF1 「2022年のルイス・ハミルトン獲得の機会は魅力的」

2021年2月27日
アストンマーティンF1 「2022年のルイス・ハミルトン獲得の機会は魅力的」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、2022年にルイス・ハミルトンが獲得可能になる可能性は7回のF1ワールドチャンピオンをメルセデスF1から引き離す“魅力的”な機会だと見なしている。

ローレンス・ストロールは、アストンマーティン・ラゴンダのエグゼクティブチェアマンおよび主要株主として、伝説的なスポーツカーメーカーの市販車部門の復活だけでなく、61年ぶりにアストンマーティンをF1グランプリの舞台に引き戻し、サーキットでも野心を持っている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 35 | 36 | 37 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム