アストンマーティンF1 「2022年のルイス・ハミルトン獲得の機会は魅力的」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、2022年にルイス・ハミルトンが獲得可能になる可能性は7回のF1ワールドチャンピオンをメルセデスF1から引き離す“魅力的”な機会だと見なしている。

ローレンス・ストロールは、アストンマーティン・ラゴンダのエグゼクティブチェアマンおよび主要株主として、伝説的なスポーツカーメーカーの市販車部門の復活だけでなく、61年ぶりにアストンマーティンをF1グランプリの舞台に引き戻し、サーキットでも野心を持っている。

ローレンス・ストロールは、アストンマーティンをF1の優勝候補に位置づけ、将来的にワールドタイトルを目指して戦うことを目標としている。鋭敏なファッション界の大物は、チームを昇格させるための努力を惜しまず、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを獲得し、息子のランス・ストロールとともに、アストンマーティンF1を前進させようとしている。

しかし、メルセデスF1がルイス・ハミルトンと1年契約しか結ばず、2021年にハミルトンがフリーとなる可能性は、ランス・ストロールを誘惑している。

「それは間違いなく魅力的だ」とローレンス・ストロールは Independent に語った。

「ルイスはどんなマシンでも素晴らしい。彼は7回のF1ワールドチャンピオンなので、誰もがそう言うだろう」

「しかし、今、私は今年のスタートに非常に集中している」

将来がどうなるか、またはルイス・ハミルトンにアストンマーティンF1に加入するよう説得するわずかなチャンスがある一方で、ローレンス・ストロールは、フェラーリと悲惨なシーズンを送ってとしても、セバスチャン・ベッテルの経験と才能のブレンドが、アストンマーティンF1にとって貴重な資産になると確信していると語る。

「このチームは多くのことを成し遂げてきたが、成し遂げていないことの1つはワールドチャンピオンになることだ。セブがもたらすのは、ワールドチャンピオンになるための考え方、方法論、労働倫理、プランであり、それは非常に貴重だ」とローレンス・ストロールは語った。

「彼は、F1に復活するアストンマーティンの一員として信じられないほどの意欲を持っている。4回のF1ワールドチャンピオンはなれるものではないし、運転の仕方を忘れることはない」

「昨年、彼の頭の中にはいくつかの要因があったが、彼がこれまでになく速くなると言うことについて、私にはためらうものはひとつもない」

アストンマーティンF1が次のレベルに進む計画のもう1つの重要な要素は、今年のF1の予算上限の導入となる。ローレンス・ストロールは、予算上限がF1の真のゲームチェンジャーになると考えている。

「競争の観点から、予算上限はF1を劇的に変える」とローレンス・ストロールは語る。

「3つのビッグチームは全員が大幅に上回っており、おそらく400〜500名くらいスタッフが多かった。そのすべてがもうなくなった」

「ここでは、まったく新しい最先端の施設を建設している。これは、F1で最も近代的な施設になる」

「このチームは、大幅に少ないリソースで自分たちよりもランクの高い相手と争ってきた。同じ人数と同じ予算であれば、ワールドチャンピオンが実現しない理由はない。そう考えるのは非常に現実的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / ルイス・ハミルトン