2017年09月のF1情報を一覧表示します。

ストフェル・バンドーン、自己ベストの予選7番手は「嬉しい驚き」

2017年9月30日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 マレーシアグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1マレーシアGPの予選で自己ベストとなる7番グリッドを獲得した。

「これほど高いグリッドを獲得できるとは思っていなかった。Q3進出を期待していたものの、7番手をかけて戦えたのは、うれしいサプライズだった」とストフェル・バンドーンはコメント。

F1マレーシアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2017年9月30日
マレーシアグランプリ 2017年のF1世界選手権 ルイス・ハミルトン
2017年のF1世界選手権 第15戦 マレーシアグランプリの予選が30日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得した。

1999年から開催されてきたF1マレーシアGPだが、今年が最後の開催となる。ヘルマン・ティルケがはじめて手がけた5.543kmのセパン・インターナショナル・サーキットはドライバーにとって世界で最も刺激的なサーキットの一つとして認識されている。

【動画】 F1マレーシアGP フリー走行3回目 ダイジェスト

2017年9月30日
マレーシアグランプリ
F1マレーシアGPのフリー走行2回目が30日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

2日目となる土曜日の天候は曇り。現地時間14時、気温31.8℃、路面温度47.3℃、湿度53.7%と熱帯ならではの高温多湿なコンディションでフリー走行3回目はスタート。

セバスチャン・ベッテル、FP3後に4基目のエンジンに交換

2017年9月30日
セバスチャン・ベッテル マレーシアグランプリ フェラーリ
フェラーリは、F1マレーシアGPのフリー走行3回目に問題が発生していたセバスチャン・ベッテルのエンジンを交換。これでベッテルは4基目のエンジンとなり、グリッドペナルティが近づいた。

セバスチャン・ベッテルは、フリー走行3回目チームメイトのキミ・ライコネンに次ぐ2番手タイムで終えていたが、走行中に問題が発生し、エンジンを労わりながらピットに戻り、早めにセッションを終了していた。

マクラーレン 「フェルナンド・アロンソの契約書の起草を進めている」

2017年9月30日
マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンは、フェルナンド・アロンソと締結するための2018年の契約書の準備を進めている。

マクラーレンは、今シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消して、2018年からルノーと3年契約を結んでおり、残すはフェルナンド・アロンソとの契約延長のみとなっている。

F1マレーシアGP フリー走行3回目:キミ・ライコネンが最速タイム

2017年9月30日
F1 マレーシアグランプリ キミ・ライコネン
2017年のF1世界選手権 第15戦 マレーシアグランプリのフリー走行3回目が30日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

前日は午前中に雨による遅延、午後はロマン・グロージャンのクラッシュによる赤旗終了と走行時間が削られたF1マレーシアGP。

F1 マレーシアGP 金曜フリー走行:トップ10ドライバーコメント

2017年9月30日
マレーシアグランプリ 2017年のF1世界選手権 フォーミュラ1
2017年のF1世界選手権 第15戦 マレーシアグランプリのフリー走行が29日(金)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

1999年から開催されてきたF1マレーシアGPだが、今年が最後の開催となる。ヘルマン・ティルケがはじめて手がけた5.543kmのセパン・インターナショナル・サーキットはドライバーにとって世界で最も刺激的なサーキットの一つとして認識されている。

マクラーレン、空力アップグレードが効果を発揮 / F1マレーシアGP

2017年9月30日
マクラーレン マレーシアグランプリ
マクラーレンは、F1マレーシアGPに空力アップグレードパッケージを持ち込み、フェルナンド・アロンソが初日に5番手タイムを記録するという好スタートを切った。

ホンダのF1パワーユニットに苦労しているマクラーレンだが、シーズンを通してシャシーにコンスタントに改良を施している。マレーシアには、バージボード周りに集中した新型パッケージを導入。フェルナンド・アロンソのマシンに搭載された。

佐藤琢磨 「ボビーのチームに戻ることが楽しみで仕方ありません」

2017年9月30日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨が、2017年インディカー・シリーズ 最終戦ソノマのレース週末を振り返るとともに、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰する2018年シーズンにむけた抱負を語った。

北カリフォルニアの丘陵地帯を縫うように走るソノマのロードコースで催されたシリーズ最終戦は、佐藤琢磨の2017年ベライゾン・インディカー・シーズン後半戦を象徴するような一戦となった。予選で絶好調だったにもかかわらず、トラブルのために好成績を収める絶好のチャンスを逃した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 55 | 56 | 57 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム