F1 マレーシアグランプリ キミ・ライコネン
2017年のF1世界選手権 第15戦 マレーシアグランプリのフリー走行3回目が30日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

前日は午前中に雨による遅延、午後はロマン・グロージャンのクラッシュによる赤旗終了と走行時間が削られたF1マレーシアGP。

2日目となる土曜日の天候は曇り。現地時間14時、気温31.8℃、路面温度47.3℃、湿度53.7%と熱帯ならではの高温多湿なコンディションでフリー走行3回目はスタート。

各チームが前日のプログラムの埋め合わせをしつつ、予選と決勝にむけてマシンを仕上げていった。

最終的に路面温度は51℃まで上昇。トップタイムはキミ・ライコネン(フェラーリ)の1分31秒880。2番手には0.162秒差でセバスチャン・ベッテルが続き、フェラーリが1-2体制で予選前のセッションを終えた。

3番手タイムはダニエル・リカルド(レッドブル)が記録。

メルセデス勢はバルテリ・ボッタスがトップから0.449秒遅れの4番手、ルイス・ハミルトンがトップから0.659秒遅れの5番手と速さは影をひそめたままだ。

マクラーレン・ホンダは、ストフェル・バンドーンが10番手タイム、フェルナンド・アロンソは11番手で終えた。

セッション終盤には、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とジョリオン・パーマー(ルノー)が最終コーナーで接触するという一件があった。

F1マレーシアGP 予選は、このあと18時(現地時間17時)から行われる。

2017 第15戦 F1マレーシアGP フリー走行3回目

順位Noドライバーチームベストタイム周回
17キミ・ライコネンフェラーリ1分31秒88019
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分32秒04214
33ダニエル・リカルドレッドブル1分32秒09116
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分32秒32924
544ルイス・ハミルトンメルセデス1分32秒53920
633マックス・フェルスタッペンレッドブル1分32秒57917
711セルジオ・ペレスフォース・インディア1分33秒20920
819フェリペ・マッサウィリアムズ1分33秒24020
931エステバン・オコンフォース・インディア1分33秒29021
102ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ1分33秒32116
1114フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1分33秒53017
1218ランス・ストロールウィリアムズ1分33秒53821
1320ケビン・マグヌッセンハース1分33秒78710
148ロマン・グロージャンハース1分33秒87114
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分33秒92422
1655カルロス・サインツトロ・ロッソ1分34秒20624
1710ピエール・ガスリートロ・ロッソ1分34秒47512
1846ジョリオン・パーマールノー1分34秒91419
199マーカス・エリクソンザウバー1分34秒93619
2094パスカル・ウェーレインザウバー1分35秒04519


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1マレーシアGP