2017年09月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン・ホンダ:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
マクラーレン ホンダF1 マレーシアグランプリ
マクラーレン・ホンダは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で フェルナンド・アロンソが5番手、ストフェル・バンドーンが13番手だった。

金曜日のフリー走行は2回ともセッションが短縮されたものの、マクラーレン・ホンダの両ドライバーは決勝に向けて前向きなスタートをきった。

午前中のFP1は、直前の豪雨によりコースが水浸しになったため、予定より30分遅れて開始した。

ハースF1、グロージャンの事故を誘発したサーキットの状態に怒り

2017年9月30日
ロマン・グロージャン マレーシアグランプリ ハースF1チーム
ロマン・グロージャンのF1マレーシアGP フリー走行2回目での事故を受け、ハースF1のチームプリンシパルを務めるギュンサー・シュタイナーは、現代サーキットでは“起きてはならない”出来事だと怒りを露わにした。

ロマン・グロージャンは、ターン13の縁石部分で浮き上がっていた排水溝のカバーで右リアタイヤをバーストさせ、ウォールに激しくクラッシュ。セッションは赤旗中断のまま終了となった。

シャルル・ルクレール 「スーパーフォーミュラを経由しないことを願う」

2017年9月30日
シャルル・ルクレール スーパーフォーミュラ
フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールは、ストフェル・バンドーンやピエール・ガスリーのように日本でスーパーフォーミュラに参戦することなく、2018年にストレートにF1に進めることを願っている。

今年、F2選手権を支配しているシャルル・ルクレールだが、2015年のストフェル・バンドーン、2016年のピエール・ガスリーと同シリーズのチャンピオンたちは1年間スーパーフォーミュラに参戦しつつ、F1デビューを待たなければならなかった。

【動画】 F1マレーシアGP フリー走行2回目 ダイジェスト

2017年9月30日
F1 マレーシアグランプリ
F1マレーシアGPのフリー走行2回目が29日(金)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

ウェットコンディションだったフリー走行1回目から2時間半後、サーキットはドライコンディションへと回復。気温は28.9℃、路面温度は38.7℃まで上昇した。

フェラーリ:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
フェラーリ F1 マレーシアグランプリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で セバスチャン・ベッテルがトップタイム、キミ・ライコネンが2番手タイムだった。

セバスチャン・ベッテル (1番手)
「午前中はちょっと複雑なコンディションだったし、あまり走行は行わなかった。午後は良くなったし、クルマもセッション開始時からかなりOKだった。そのあと新しいものをいくつか試したけど、残念ながら、赤旗によってぞのでいたプログラムを完了させることができなかった」

メルセデス:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
メルセデスAMG F1 マレーシアグランプリ ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で ルイス・ハミルトンが6番手、バルテリ・ボッタスが7番手だった。

ルイス・ハミルトン (6番手)
「とても難しい一日だった。今日はクルマに苦しんでいたし、バランスが崩れていた箇所を見直して、理解しなければならない。一晩で方向性を見い出して、明日にむけて再編成できることを願っている」

レッドブル:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
レッドブル・レーシング F1 マレーシアグランプリ
レッドブルは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で ダニエル・リカルドが3番手、マックス・フェルスタッペンが4番手だった。

ダニエル・リカルド (3番手)
「このようなコンディションは面白かったし、実際、今日はウェットドライバーで走れたのは素晴らしいことだ。僕たち二人ともウェットコンディションでかなりいい感じだったし、インターミディエイトで他のみんなよりも大幅に速かった。そこはいい部分だ」

【動画】 ロマン・グロージャン、外れた排水溝の蓋で大クラッシュ

2017年9月30日
F1 マレーシアグランプリロマン・グロージャン ハースF1チーム
F1マレーシアGPのフリー走行2回目に、ロマン・グロージャン(ハース)が浮き上がった排水溝のカバーによってタイヤがバーストし、ウォールにクラッシュするという事故が発生。セッションはそのまま終了することとなった。

29日(金)、現地時間15時からドライコンディションでスタートしたフリー走行2回目。だが、残り21分のところでロマン・グロージャンが右リアタイヤをバーストさせてウォールにクラッシュ。セッションは赤旗中断となった。

ハース:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
ハースF1チーム マレーシアグランプリ ロマン・グロージャン
ハースは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で ロマン・グロージャンが17番手、ケビン・マグヌッセンが18番手だった。午前中はマグヌッセンに代わって、アントニオ・ジョビナッツィが走行を行った。

ロマン・グロージャン (17番手)
「今日はかなり多くのことを学ぶことができたと思う。午前中ウェットで午後はドライだったので、両方のコンディションで走れることができた」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 55 | 56 | 57 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム