2010年07月のF1情報を一覧表示します。

フォース・インディア:Q2敗退にもポジティブ (F1ハンガリーGP予選)

2010年7月31日
フォース・インディア F1ハンガリーGP 予選
フォース・インディアは、F1ハンガリーGPの予選で、エイドリアン・スーティルが13番手、ヴィタントニオ・リウッツィが16番手だった。

エイドリアン・スーティル (13番手)
「今日の予選パフォーマンスにはかなり満足している。僕たちはトップ10に非常に近いし、今朝はそうなると思っていなかった。再びソフトタイヤを働かせることに苦戦していたし、結局パフォーマンスにあまり明確なイメージを持たないまま予選に出て行ったので、13番手は良い結果だ」

ロータス:ヘイキ・コバライネンが20番手 (F1ハンガリーGP予選)

2010年7月31日
ロータス F1ハンガリーGP 予選
ロータスは、F1ハンガリーGPの予選で、ヘイキ・コバライネンが20番手、ヤルノ・トゥルーリが21番手だった。

ヘイキ・コバライネン (20番手)
「今日出来る限りをクルマから引き出せたと思う。昨日失った時間を考えれば、午後は最大限だったと思う。クルマの感覚は問題なかったし、FP2の大部分を失ったのが気になっていて、今日はバランスについて確信がなかったので、少し安心したよ。明日に向けてまだそれなりのポジションにいるし、レースではスタートと戦略に集中して、他の新チームの前に留まらなければならない」

トロ・ロッソ:15番手&17番手にも納得 (F1ハンガリーGP予選)

2010年7月31日
トロ・ロッソ F1ハンガリーGP 予選
トロ・ロッソは、F1ハンガリーGPの予選で、セバスチャン・ブエミが15番手、ハイメ・アルグエルスアリが17番手だった。

セバスチャン・ブエミ (15番手)
「これまでクルマをそれほど快適には感じられていなかったけど、クルマはうまく動いていたし、バランスもかなり良かった。少なくともチームメイトの前でフィニッシュできた。週末の大部分で彼の後ろだったからね。それが全てのドライバーの第一の目標だ」

F1ハンガリーGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2010年7月31日
F1ハンガリーGP 予選
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPの予選が31日(土)、ハンガロリンクで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。1分18秒773というハンガロリンクのコースレコードを更新し、4戦連続となるポールポジションを獲得した。

2番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いた。

フェラーリ、ハンガリーGPではFダクトを非搭載

2010年7月31日
フェラーリ Fダクト
フェラーリは、F1ハンガリーGPのレースでFダクトを搭載しないことに決定した。

ハンガロリンクは、直線が1本しかなく、ツイスティなサーキットのため、レッドブルは従来のリアウイングの方が効率が良いと考えて、Fダクトを取り外していた。

フェラーリは、金曜日フリー走行でフェリペ・マッサのマシンで両方のソリューションで実験を行った。

ヒスパニア・レーシング 「クリスチャン・クリエン起用の可能性はある」

2010年7月31日
クリスチャン・クリエン
ヒスパニア・レーシングのチーム代表コリン・コレスは、今シーズン、テストドライバーのクリスチャン・クリエンがレース復帰する可能性があると述べた。

ヒスパニア・レーシングは、変わったドライバー方針をとっており、山本左近がイギリスGPではブルーノ・セナに、ドイツGPとハンガリーGPではカルン・チャンドックに代わってレース出場している。

チームには4名のドライバーがいるが、コリン・コレスは、クリスチャン・クリエンがチャンスを得る可能性もあると述べた。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2010年7月31日
F1ハンガリーGP フリー走行3回目
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPのフリー走行3回目が31日(土)、ハンガロリンクで行われた。

この日もドライコンディションとなったハンガロリンク。フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。2番手にもセバスチャン・ベッテルが続き、レッドブル勢が強さをみせている。

3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

フェラーリ 「マッサがチームを離れることはない」

2010年7月31日
フェラーリ
フェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは、フェリペ・マッサがチームオーダー論争によって、フェラーリに背を向けるとは心配していないと語る。

ルーベンス・バリチェロは、ナンバー2扱いにうんざりしてフェラーリとの契約を1年早く解消したことは有名な話だが、ステファノ・ドメニカリは、マッサはこの状況に対して違った捉え方をしていると思うと語った。

マッサが幻滅しているのではないかと質問されたドメニカリは「いいや。そうは思わない」とコメント。

サイファー・グループ、2011年のF1エントリーを取り下げ

2010年7月31日
サイファー・グループ
サイファー・グループは、2011年のF1の13番目のチームへの申請を正式に取り下げた。

サイファー・グループは、来年のF1に参戦する予算が十分ではないことを発表。サイファー・グループには、今年のF1参戦に失敗したUSF1のメンバーを含まれるとみられていた。

しかし、サイファー・グループは、最終的にF1に到達するために取り組み続けるとしている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 48 | 49 | 50 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム