2009年10月のF1情報を一覧表示します。

F1アブダビGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2009年10月31日
F1アブダビGP 予選
F1最終戦 アブダビGPの予選が31日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。圧巻の予選セッションをみせ、今シーズン4度目のポールポジションを獲得した。

2番手はセバスチャン・ベッテル、3番手はマーク・ウェバーとレッドブル勢が並んだ。

F1アブダビGP フリー走行3回目:ジェンソン・バトンがトップタイム

2009年10月31日
F1アブダビGP フリー走行3回目
F1最終戦 アブダビGPのフリー走行3回目が31日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、ブラウンGPのジジェンソン・バトン。バトンはこのタイムをハード側のタイヤで記録した。2番手タイムはマクラーレンのルイス・ハミルトン、3番手にはブラウンGPのルーベンス・バリチェロが続いた。バリチェロもタイヤはハード側だった。

ジャンカルロ・フィジケラ、フォース・インディア復帰の可能性

2009年10月31日
ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラは、2010年にフォース・インディアに復帰する可能性を否定していない。

来年、フィジケラはフェラーリのリザーブドライバーとしての契約を結んでいるが、来年もレース続けるチャンスには興味があると語っている。

フェジケラは、シーズン終了後に2010年のオファーがどのようなものかフェラーリと話すだろうと語る。

ニック・ハイドフェルド Q&A:2010年もF1にいる自信がある

2009年10月31日
ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、2010年もF1に留まることに自信をみせている。

BMWが今シーズン限りでF1撤退を発表し、ザウバーチームの来シーズンのグリッドは確定していない。チームメイトのロバート・クビサはルノーのシートを獲得したが、ハイドフェルドの来季のシートは決まっていない。

しかし、ハイドフェルドは2010年もF1でレースを続けられるだろうと語る。

セバスチャン・ベッテル Q&A:2009年シーズンを振り返って

2009年10月31日
セバスチャン・ベッテル
ブラジルとアブダビの間に、セバスチャン・ベッテルにこれまでのシーズンについて、そして、アブダビとその後の展望について訊ねた…

今シーズンの感想を聞かせてください。
とても良いシーズンだった。まだ1レース残っているけれどね。クルマはどんどん良くなっているので、全力を尽くして、できれば優勝したい。今シーズンを振り返ると、問題があったのはブラジルだけではなかった。ミスが少し多すぎるレースもあった。17戦中、フィニッシュできなかったレースが5戦。理想的とは言えないが、それでも、チームにとっても、ぼくにとっても、これまでで最高のシーズンだったし、これをベースに今後はもっと頑張っていけるだろう。来年はとても良い1年になるのではないかと思うが、今はアブダビのことだけを考えている。優勝を目指すよ。その後でゆっくりと1年を振り返るつもりだ。

マーク・ウェバー Q&A:2009年シーズンを振り返って

2009年10月31日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーにとっては、大きな喜びと時々の落胆がない交ぜになったシーズンだった。シーズン最終戦をひかえたマークに2009年の感想をたずねた。

サンパウロのレースの感想を聞かせてください。
鈴鹿のレースが大変だったので、僕たちは特に優勝にこだわっていた。チームとしては連続2戦の優勝となったので、明るい気持ちでシーズンを終えることができる。エキサイティングなグランプリで、レッドブルにとっても、F1にとっても本当に良いレースだったと思う。残念ながらジェンソンのチャンピオンシップ優勝が決定してしまったが、当然の結果だろう。今年の彼は良いドライビングを見せた。しかし、良いグランプリだった。インテルラゴスはいつもおもしろいよ。

ヘイキ・コバライネン 「マクラーレンは平等に扱ってくれなかった」

2009年10月31日
ヘイキ・コバライネン マクラーレン
ヘイキ・コバライネンが、マクラーレンの不平等な扱いに不満を述べた。まだチームでの将来が確定していないコバライネンの発言は、マクラーレンへの最後の一矢か?

マクラーレンは、来季のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、キミ・ライコネンやジェンソン・バトンの獲得を検討しているとみられ、コバライネンはトヨヤかルノーへ移籍するとの噂が持ち上がっている。

2009 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 DVD

2009年10月31日
2009 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 DVD
2009 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版DVDの発売が決定した。発売日は12月15日が予定されている。販売予定価格は5,040円。すでに予約販売が開始されている。

2009 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 概要
ホンダF1の遺産、ブラウンGPの快進撃!! 2強、フェラーリ&マクラーレンの不振は、F1に新たな時代の到来を予感させた。 全ての始まりは、世界中に衝撃を与えたホンダのF1撤退発表からだった。 一時は開幕戦のグリッドに並ぶことさえ危ぶまれたそのチームは、開幕まで1か月を切った頃にようやくブラウンGPとしてスタートを迎えた。そんな逆境にも関わらず、ホンダの遺産と名将ロス・ブラウンの手腕によってチームのエース、ジェンソン・バトンは開幕7戦で6勝を挙げる快挙を成し遂げた。

ロバート・クビサ、特別ヘルメットでチーム最終戦に挑む

2009年10月31日
ロバート・クビサ F1アブダビGP 特別ヘルメット
ロバート・クビサは、BMWザウバー最後のレースに特別なカラーリングのヘルメットを用意した。

BMWが今シーズン末でF1から撤退することを発表しているため、BMWザウバーF1チームとしてのレースはアブダビGPが最後となる。

また、ロバート・クビサは来年ルノーへ移籍するため、チームのメンバーと戦う最後のレースとなる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 42 | 43 | 44 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム