2008年04月のF1情報を一覧表示します。

フェリペ・マッサ、フェラーリに貴重な8ポイントをもたらす

2008年4月28日
貴重な8ポイントを獲得したフェリペ・マッサ(フェラーリ)
フェラーリのフェリペ・マッサは、スペインGPを2位でフィニッシュ。バーレーンGPに次ぐ、ワン・ツーフィニッシュをフェラーリにもたらした。

3番手からスタートしたマッサは、スタートでフェルナンド・アロンソをかわし、2位に浮上。トップを走るキミ・ライコネンには及ばなかったが、後続を引き離すレース展開で2位表彰台を獲得。

前戦バーレーンGPに次ぐワン・ツー・フィニッシュをチームにもたらし、コンストラクターズランキング首位に大きく貢献した。

ルイス・ハミルトン、「表彰台に戻れて嬉しい」

2008年4月28日
表彰台に返り咲いたルイス・ハミルトン(マクラーレン)
マクラーレンのルイス・ハミルトンは、スペインGPを3位表彰台を獲得した。

5番手からスタートしたルイス・ハミルトンだったが、スタートをロバート・クビサをかわして4位に浮上。その後、ピットストップのタイミングを含め、クビサとの接戦になったが、それを制し、見事3位表彰台を獲得した。

フェルナンド・アロンソ、エンジンブローで無念のリタイア

2008年4月28日
リタイアも素晴らしい走りをみせたフェルナンド・アロンソ(ルノー)
ルノーのフェルナンド・アロンソは、母国グランプリであるスペインGPをエンジンブローによるリタイアで終えた。

予選でスーパーラップをみせ、2番手からスタートしたアロンソ。しかしスタートでマッサに先行を許し、序盤は3番手でレースを進める。

軽い燃料での戦略だったため、アロンソは全ドライバー中で1番にピットイン。だが、セーフティカー導入も味方し、5番手でレースを進めていたが、34周目にエンジンブローにより無念のリタイア。

コバライネン、脳しんとう以外に怪我はなし

2008年4月28日
観客に手を振るコバライネン(画像)
F1スペインGPで大クラッシュを起こしたヘイキ・コバライネンだが、脳しんとう以外に怪我はなかったようだ。

コバライネンは、200km/h以上のスピードで通過する高速コーナーのターン9で、左フロントホイールが破損し、減速することなくタイヤバリアに激突。大事故となり、安否が心配されていたが、脳しんとう以外の怪我はおっていないとのことだ。

セバスチャン・ベッテル、またも1周目でレースを終える

2008年4月28日
接触でフロントウェングを失ったベッテルのSTR2B(スペインGP)
トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルのスペインGPは、またも一周も走りきることなく終了した。

18番手からスタートしたセバスチャン・ベッテルは、スタートで順位を落とし、ターン4でスピンしたエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)に衝突。そこでベッテルのレースは終わった。

ジャンカルロ・フィジケラ、大健闘の10位完走

2008年4月28日
大健闘の走りで10位完走を果たしたジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)
フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラはスペインGPでベテランらしい走りを披露。今季最高の10位でフィニッシュした。

19番手からスタートしたジャンカルロ・フィジケラは、アクシデントをうまく避け、一時はポイント圏内の8位を走行。最終スティントでハードタイヤの扱いに苦しみ順位を落としたが、ニック・ハイドフェルド(BME)を何周にもわたって抑えるなど、素晴らしい走りをみせた。

セバスチャン・ボーデ、接触によりリタイア

2008年4月28日
セバスチャン・ブルデーと妻クレア(画像)
トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデーは、レース中盤の接触で左フロントサスペンションが壊れ、リタイアとなった。

16番手からスタートしたセバスチャン・ブルデーは、ネルソン・ピケJr.と接触し、左フロントサスペンションを破損し、レースを終えた。ミラーでピケJr.を確認していたとコメントしているが、映像では明らかにピケJr.が先行してはみえた。やや楽観的過ぎたのではないだろうか。

エイドリアン・スーティル、1周目でリタイア

2008年4月28日
オープニングラップでレースを終えたエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)
フォース・インディアのエイドリアン・スーティルは、スペインGPをクラッシュにより1周もすることなくリタイアした。

20番手からスタートしたエイドリアン・スーティルは、スタートで順位をあげたが、そのあとのターン4で押し出されスピン。後から来たセバスチャン・ベッテルと衝突し、1周もすることなくレースを終えた。

ネルソン・ピケJr.、接触によるダメージでリタイア

2008年4月28日
リタイアも成長をみせたネルソン・ピケJr.(ルノー)
ルノーのネルソン・ピケJr.は、スペインGPをリタイアで終えた。

10番手からスタートしたピケJr.はスタートで8番手まで順位をあげたが、その後コースオフを喫し18番手まで順位を落とした。そこから追い上げをみせたが、セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)と接触し、リタイアを余儀なくされた。

レースはうまくいかなかったが、ネルソン・ピケJr.は予選でフェルナンド・アロンソに肉薄する走りをみせQ3進出を果たすなど、成長をみせた。アロンソとともに今後のルノーに期待した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム