アントニオ・ジョビナッツィ 「今のペイドライバーはF1グリッドに相応しい」
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、巨額の財政的支援を受けてF1に到着したドライバーであっても、F1グリッドに“相応しい”と値する。

ニキータ・マゼピン、ニコラス・ラティフィ、ランス・ストロールは、全員が億万長者の父親がおり、それぞれのチームにスポンサーと資金をもたらしているが、アントニオ・ジョビナッツィは、彼らのそれぞれのジュニアキャリアでの記録がF1グリッドでの地位を正当化すると考えている。.

「彼らは他のシリーズでも勝てるということを示してきた」とアントニオ・ジョビナッツィは Auto Motor und Sport に語った。

「彼らはそれに値するからここにいる。もちろん、名前とお金は役に立つけど、彼らは下位カテゴリーでも証明されている」

ランス・ストロールは、2016年にのヨーロッパF3チャンピオンであり、100 ポイント以上の差をつけてタイトルを獲得した。2017年にウィリアムズに加入したストロールは、F1アゼルバイジャンGPでF1初シーズンで表彰台を獲得した。父ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムがフォース・インディアの崩壊を救った後、ランス・ストロールはその後に続き、2019年に改称されたレーシング・ポイントに参加。2020年に、ストロールはさらに2つの表彰台を獲得。モンツァとサヒールで3位でフィニッシュし、トルコではトリッキーなコンディションでポールポジションを獲得している。

これまでのF1キャリアではあまり成功していないが、ニコラス・ラティフィとニキータ・マゼピンはジュニアキャリアで成功を収めた。ソフィーナのCEO兼会長のマイケル・ラティフィの息子であるラティフィは、2016年から2019年にかけてF22/GP2で6勝を挙げ、ニック・デ・ブリーズに次ぐ2位でシリーズの最終シーズンを終えた。F1でも安定を見せているが、ウィリアムズのマシンに戦闘力はない。これまで3回ポイントに近づいている。

ニキータ・マゼピンは、ハースF1でのキャリアにおいて激動のスタートを切った。ニキータは、統合化学会社ウラルケムの大株主で会長を務めるロシアの大富豪ドミトリー・マゼピンの息子。ウラルケムはハースF1のタイトルスポンサーであるウラルカリの約20.1%を保有している。

ニキータ・マゼピンのジュニア成績には、2018年のGP3シリーズで総合2位、2019/20 F3アジア選手権で3位が含まれる。ハイテックGPでの2020のF2シーズンでは、2回表彰台の最上段に上がった。

アントニオ・ジョビナッツィの将来はバランスが取れているが、イタリア人は2021年の早い段階でアルファロメオの最強パフォーマーとして浮上している。しかし、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの仲間であるミック・シューマッハの成功は、イタリア人の状況を決定づけるかもしれない.

「F1には20人のドライバーしかいない」とアントニオ・ジョビナッツィは付け加えた。

「僕は常にプレッシャーを感じながら運転してきた。F3ではインドネシアのスポンサーがいて、前進するには結果を出す必要があることをわかっていたし、ここでもそれは同じだ。僕は良くならなければならないし、そうすれば僕は残れるはずだ」

「ミックはF3とF2での勝利で何ができるかを示してきた。彼がここにいるのは、結果があったからだ。僕もそうだ。結局、彼をハースに、僕をアルファ ロメオに乗せたのはフェラーリの決定だった」

「良いパフォーマンスをしたいだけだ。今、僕はアルファ ロメオと一緒にここにいるけど、来年どうなるか見てみよう」

「もちろん、すべてのドライバーはワールドチャンピオンになるという目標を持っている。それは簡単ではない。楽しみに待とう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオ・レーシング