フェラーリ、ジョビナッツィのためにハースF1のシートを確保?
フェラーリは、イタリア人のアントニオ・ジョビナッツィのF1キャリアを終わらせることは考えておらず、ジョビナッツィのためにハースF1のシートを確保しようとしていると語る。

フェラーリのジュニアドライバーであるミック・シューマッハが来年F1デビューを果たすのは確実なようだ。ミハエル・シューマッハの息子というだけでなく、F2でチャンピオンシップをリードする優れたパフォーマンスを発揮するミック・シューマッハは、フェラーリがエンジンを供給するチームでのF1デビューが期待されている。

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハの起用に興味を持っていることを認める。

「もちろん、シューマッハはモータースポーツにおけるビッグネームだが、苗字だけでなく、パフォーマンスも重要だ。現時点でミックはパフォーマンスを発揮しており、F2選手権で優れている。そのため彼は2021年の我々の潜在的なドライバーのリストに含まれている」とギュンター・シュタイナーは Sport 1 に語った。

ハースだけでなく、アルファロメオもまたミック・シューマッハに興味を持っている。イタリアの Sky Sports は、ミック・シューマッハの好みはアルファロメオのF1シートだが、フェラーリはむしろハースF1で走らせたいと考えていると報じている。

Gazzetta dello Sport も、ミック・シューマッハが2021年にF1デビューを果たすのは確実だとし、同紙はアルファロメオでキミ・ライコネンとチームを組むことになると予想する。その場合、アントニオ・ジョビナッツィはシートを失うことになるが、フェラーリはイタリア人のF1キャリアの継続を望んでいるとしている。

同紙は、アントニオ・ジョビナッツィは、ハースF1でロシア人の父親の支援を受けてシートを獲得するニキータ・マゼピンとチームを組むことになるとしている。ドミトリー・マゼピンは、息子のシートのためにハースF1に数100万ユーロをもたすという。

この場合、アルファロメトとハースのF1シートはすべて埋まることになり、セルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグにとっては難しい状況となる。彼れはアレクサンダー・アルボンがレッドブルを離れることになった場合しかチャンスがないと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / フェラーリ / ハース / アルファロメオ・レーシング