アントニオ・ジョビナッツィ F1 ザウバー
フェラーリは、アントニオ・ジョビナッツィを中国とバーレーンのダブルヘッダーでザウバーのリザーブドライバーとして貸し出すことを決定したと La Gazzetta dello Sport が報じた。

アントニオ・ジョビナッツィは、体力面の不安を訴えたパスカル・ウェーレインに代わって、F1オーストラリアGPに出場。12位完走を果たしている。

パスカル・ウェーレインが、今後の2レースでも不調だった場合、アントニオ・ジョビナッツィが代役を務めることになる。

だが、実際、フェラーリは、アントニオ・ジョビナッツィをザウバーに貸し出さないことも検討したという。

というのも、フェラーリはアントニオ・ジョビナッツィをインシーズンテストで義務付けられている“若手ドライバー”枠に起用したいと考えているが、グランプリで2戦以上スタートを切るとその資格がなくなるからだ。

「これでジョビナッツィがザウバーでさらなる機会を得ることがより現実的となった。フェラーリはバーレーン後のテストで彼を使うことを“犠牲”にすることに決めたからだ」と同紙は報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / フェラーリ / ザウバー