F1 アメリカグランプリ
2017年 第17戦 F1アメリカGPが、10月20日(金)からオースティンのサーキット・オブ・アメリカズで行われる。

2012年からF1アメリカGPを開催しているサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、ヘルマン・ティルケが設計。反時計回りのコースで、20のコーナーを持ち、約40メートルの高低差がある。

シルバーストーンの“マゴッツ・ベケッツ”や、2010月年までトルコGPが開催されていたイスタンブール・パークの“ターン8”などを模した部分もあり、かなりテクニカルなサーキットとなっている。

スタートから1コーナーにかけては特徴的な上り坂を駆けていく造りになっており、ポールポジションから3~4台が並んでコーナーへ飛び込むことも珍しくない。また、さまざまなライン取りが可能なレイアウトなのでオーバーテイクのチャンスも多く、ペースの速いテクニカルなレースが見られる。

現在、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に59ポイントをつけており、ルイス・ハミルトンが優勝し、セバチャン・ベッテルが6位以下でフィニッシュすれば、ハミルトンの4度目のF1ワールドチャンピオンが確定する。

アメリカ・テキサス州の日本時間との時差は-14時間。F1アメリカGP フリー走行1回目は、10月20日(金)の24時(現地時間10時)から行われる。

テレビ放送に関しては、今年もフジテレビはBSフジによる無料放送は行わず、F1アメリカGPの放送もCS放送による有料放送のみ。フジテレビNEXTでフリー走行から公式予選、決勝まで全セッションをノーカット完全生中継で放送する。

F1アメリカGPの決勝は10月22日(日)の28時(現地時間14時)からスタート。また、今年のF1アメリカGPでは、決勝前に有名リングアナウンサーのマイケル・バッファーをドライバー紹介を実施。通常よりも15分早くレース手順が開始される。

F1 アメリカグランプリ

10月20日(金)フリー走行1回目24:00~25:30(現地時間 10:00~11:30)
 フリー走行2回目28:00~29:30(現地時間 14:00~15:30)
10月21日(土)フリー走行3回目25:00~26:00(現地時間 11:00~12:00)
 予選28:00~29:00(現地時間 14:00~)
10月22日(日)決勝28:00~(現地時間 14:00~)

CS放送/フジテレビNEXT F1アメリカGP 放送時間

【フリー走行1】10月20日(金)23:55~25:40
【フリー走行2】10月20日(金)27:55~29:40
【フリー走行3】10月21日(土)24:55~26:10
【予選】10月21日(土)27:50~30:00
【決勝】10月22日(日)27:15~30:00


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1アメリカGP | テレビ放送