アルピーヌF1代表、アロンソの移籍決定も「良好な関係を維持できる」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、フェルナンド アロンソがアストンマーティンF1に加入することを決定したにもかかわらず、チームはがフェルナンド・アロンソと良好な関係を維持できると確信していると語る。

フェルナンド・アロンソの移籍は、F1ハンガリーGP後の月曜日に発表されたが、アルピーヌF1チームはまだアロンソの契約を延長するための交渉中であると信じていた。

オトマー・サフナウアーは、アロンソ自身からではなく、アストンマーティンF1のプレスリリースから移籍について最初に知ったと語っている。

通常、そのようなシナリオが緊張関係を生み出すことは必至だが、オトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソとチームは効率的に協力し続けると主張する。

「残りのシーズンについては全く心配していない」とオトマー・サフナウアーは語った。

「我々の目標はかなり明確だ。コンストラクターズ選手権で少なくとも4位でフィニッシュしたいと思っている。3位は一歩遠すぎると思っている」

「フェルナンドもそれを認識している。彼はプロだ。彼は競技者だ。ヘルメットをかぶれば、私と同じように、彼は勝てなくてもできる限りのことをしたいと思っている」

「そして、彼がレーシングカーに乗っているとき、そのレースとチャンピオンシップでできるだけ高くフィニッシュすること以外に、彼の頭に浮かぶことは他に何もない」

「そして、彼はまだその意欲を持っている。それが彼がここにいる目的だ。そして、それは私も同じだ」

オトマー・サフナウアーは、アルピーヌA522はシーズンが進むにつれてさらに競争力を高めることができると主張する。

「できる限りのベストを尽くしたいと思っている。特に今年はアップグレードが非常に速く進んでいる。スパで別のアップグレードが入れ、年末まで車のアップグレードを続ける。そして、フェルナンドもそれをわかっている」

「そして、彼はエステバン(オコン)と同じように、チームのパフォーマンスを最大化するために懸命に働いてくれるだろう。それについて疑いの余地はない」

チームオーナーのローレンス・ストロールとその息子のランス・ストロールのチームメイトとして働くフェルナンド・アロンソがアストンマーティンでどのように活躍するかを質問されたオトマー・サフナウアーは、予測するには時期尚早だと語った。

「彼は素晴らしいドライバーであり、私が一緒に仕事をした中でも最高のドライバーだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「彼はまだ非常に高いレベルで戦っている。彼はまだ速く、トリッキーなコンディションでドライバーのスキルを本当に示している。彼はさらに良くなっている。今年はそれが見られた。それがさらに3年間続くなら、アストンとフェルナンドにとって素晴らしいことだ」

「それがいつ衰退するかはわからないが、仕事上の関係についてはわかりません。それがどのようになるかを予測できるようにするために考慮しなければならない要因が非常に多いため、予測することはできない。何が起こるか見てみよう」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ